いつもは隠れている美しさ

縄文杉の隣に生きるヒメシャラ

屋久島の山岳で数少ない落葉樹

この時期のみ枝振りがはっきりと顕になり

気づけなかった造形美にハッとする

 

この日は、そのヒメシャラに朝日の光が

 

This tree (Stewartia monadelpha) living next to Jomon cedar.
One of the few deciduous trees in the mountains of Yakushima.
Only at this time, the shape of branch becomes clear.
I am surprised at the beauty of modeling that I did not notice.

On this day, the light of the morning sun shines on her.

関連記事

  1. アセビの開花はじまる

    奥岳でまず1番に咲くアセビの開花が始まりました。夏に向けてこれから…

  2. 森の妖精たち

    Yakushima film 笹川です。メンバーの古賀さんの投稿に触発され…

  3. イヌガシ

    【屋久島図鑑】No. 6花が無いとシロダモにそっくりです。シロダモ…

  4. ヒカリのさす方へ

    およそ7300年前に屋久島の北西約30 km&nbsp…

  5. うつくしきもの

    「うつくしきもの」1週間に1回の古賀です。最近どう…

  6. 島はシャクナゲの季節に

    一昨年、去年と裏年だったシャクナゲの開花。今年は多数の蕾を確認して…

  7. ヤクシマザル 屋久島 頬袋 Macaca fuscata yakui

    頬袋に木の実を

    子猿が続々と生まれて森が陽気になってきている。猿も人も、赤ちゃんは…

  8. 記憶の継承

    5/22 11:33am1週間に1回、植物を紹介している古賀です。…

PAGE TOP