うつくしきもの

「うつくしきもの」

1週間に1回の古賀です。

最近どうしても会いたかった花に出会えました。

その花は「ヒメトケンラン Tainia laxiflora Makino」

会いたいなと思いつつ、5月はいつも忙しい。今年はガイド休業中のため時間があるから会えるかと思い、花が咲いている場所を気温と標高から推測して森を選んでみました。

その森をじっくり、じっくり、ゆっくりと目をこらしながら歩いて2時間、諦めかけた時にその花は

カゴノキの根元に咲いていました。

おおっ、なんて「可愛らしい」のだろう。

薄暗い森の木漏れ日が当たる苔の上育つヒメトケンランは輝いて見えました。

撮影のあと、雨が降るまでヒメトケンランのそばでしばらくのんびりしました。こういう時間の流れは良いもんですね。

「うつくしきもの」かわいらしい、いとおしい、うつくしい。

関連記事

  1. ガジュマルお爺さんと少女

     ゼロ歳の時からずっと一緒に遊んでもらったガジュマルお爺さんどんな…

  2. 香りの記憶

    月桃の花 相変わらずマイペース投稿の笹川です。最近、梅雨の終わりか…

  3. 雨の森に光さす 屋久島

    雨の森に光さす

    外国にはないと言われている「木洩れ陽」という日本独特の言い回しのこ…

  4. ヤクシマザル 屋久島 頬袋 Macaca fuscata yakui

    頬袋に木の実を

    子猿が続々と生まれて森が陽気になってきている。猿も人も、赤ちゃんは…

  5. 石楠花に導かれて

    5月の終わりは、屋久島シャクナゲの季節だ。そして、屋久島がある九州南部梅雨…

  6. ヒカリのさす方へ

    およそ7300年前に屋久島の北西約30 km&nbsp…

  7. モウセンゴケ

    2020/7/30こんにちは、植物の時間の古賀です。今回は…

  8. 姫小岩鏡

    今年は、当たり年ですよ!ヒメコイワカガミの!あっ、笹川です。この間…

PAGE TOP