アリモリソウ

2022/1/3

学名: Codonacanthus pauciflorus (Nees) Nees
属名 Codonacanthus (鐘形花の)、 種少名pauciflorus (少数花の)
和名:  アリモリソウ
科名: Acanthaceae(キツネノマゴ科)
西表島など南西諸島では普通に見られる植物。種子島、屋久島が北限と言われていたが、近年は鹿児島本土や宮崎でも見られるようになってきている。
やや薄暗い場所で育つ。屋久島では個体数は少ない。

関連記事

  1. ホンゴウソウ

    2020/8/4こんにちは、植物の時間の古賀です。…

  2. 石楠花に導かれて

    5月の終わりは、屋久島シャクナゲの季節だ。そして、屋久島がある九州南部梅雨…

  3. シマウリノキ

    2022/5/27 学名:Alangium pre…

  4. ヒメナベワリ

    【屋久島図鑑】No.9この日は凄い雨で午前中だけでも100㎜を超え…

  5. 記憶の継承

    5/22 11:33am1週間に1回、植物を紹介している古賀です。…

  6. 生気を失ってゆく葉に咲く花

  7. サツマサンキライ

    2022/1/5 雌花2022/1/5 雄花…

  8. キケマン

    2022/2/2 学名:Corydalis het…

PAGE TOP