アリモリソウ

2022/1/3

学名: Codonacanthus pauciflorus (Nees) Nees
属名 Codonacanthus (鐘形花の)、 種少名pauciflorus (少数花の)
和名:  アリモリソウ
科名: Acanthaceae(キツネノマゴ科)
西表島など南西諸島では普通に見られる植物。種子島、屋久島が北限と言われていたが、近年は鹿児島本土や宮崎でも見られるようになってきている。
やや薄暗い場所で育つ。屋久島では個体数は少ない。

関連記事

  1. 花言葉「強健」

    グァバの花花言葉「強健」と聞いて、どんな植物を思い浮かべたでしょう…

  2. コハウチワカエデ

    コハウチワカエデ

    2018年11月2日淀川小屋付近にて撮影…

  3. イモネヤガラ

    2020/6/17植物紹介の時間。古賀です。6月、7月は紹…

  4. 忘れた頃に思い出す

    2020/5/291週間に1回の植物紹介の時間の古賀です。…

  5. バイカツツジ

    2021/8/2和名:バイカツツジ学名:Rhododendron …

  6. 照葉樹林の木漏れ日で

    久しぶりの投稿。古賀です。写真家グループ「yakushim…

  7. イヌガシ

    【屋久島図鑑】No. 6花が無いとシロダモにそっくりです。シロダモ…

  8. ナガバトンボソウ

    2021/8/28和名:ナガバトンボソウ学名:Platan…

PAGE TOP