アリモリソウ

2022/1/3

学名: Codonacanthus pauciflorus (Nees) Nees
属名 Codonacanthus (鐘形花の)、 種少名pauciflorus (少数花の)
和名:  アリモリソウ
科名: Acanthaceae(キツネノマゴ科)
西表島など南西諸島では普通に見られる植物。種子島、屋久島が北限と言われていたが、近年は鹿児島本土や宮崎でも見られるようになってきている。
やや薄暗い場所で育つ。屋久島では個体数は少ない。

関連記事

  1. 雪に包まれてゆく杉の枯木

    Old cedar wrapped in snow…

  2. いつもは隠れている美しさ

    縄文杉の隣に生きるヒメシャラ屋久島の山岳で数少ない落葉樹…

  3. ニラバラン

    2021/4/29今回、紹介するのはニラバラン。 科名:O…

  4. クワイバカンアオイ

    2021/01/02こんにちは、今年も引き続き、植物の時間…

  5. 縄文杉の上で紅葉するナナカマド

  6. 森の妖精たち

    Yakushima film 笹川です。メンバーの古賀さんの投稿に触発され…

  7. ユウレイラン

    2020/6/172020/6/17ユウレイラン 科名: …

  8. キブシ

    2022/2/15 雄花2022/2/26 雌花…

PAGE TOP