イソギンチャクモエビ

イボハタゴイソギンチャクを棲み家にしているイソギンチャクモエビの赤ちゃんが生まれはじめている。大人で1cmちょいだから、赤ちゃんはとても小さくキュート。

尻尾を高く上げて小刻みに振るのがイソギンチャクモエビの特徴で、赤ちゃんの振り具合は大人のそれとは多少違うところがなんとも無邪気でかわいい。

ターコイズブルーのラインが入っている大人は赤ちゃんと比べると体がゴツゴツとしていて貫禄がある。フリフリダンスをしている赤ちゃんの横でじっとしていて、僕を監視しているかのようだった。その目線が何とも力強く威厳に満ちているので、大画面でぜひ目を凝視してみてほしいです。

 

1cmの小さなエビにもきっと人と同等の真剣なドラマがあるのだろう。

 

2匹は実の親子だろうか。心を奪われてしまう構図だったから、ファインダー越しに、またまた大人の時をしばし忘れて夢の中へトリップしてしまった。

野生動物との遭遇っていつも

なんでこんなにもワクワクするんだろう

 

関連記事

  1. 寒緋桜にメジロ

    甘いものが好きなメジロは果実や花の蜜を食べます。この寒緋桜は相当甘…

  2. ニホンイタチ

    イタチは、動物性の食べものを好む屋久島の山では唯一の肉食獣。ネズミ…

  3. 奇跡のような日常

    みんなから2ヶ月ほど遅れてのはじめてとなる投稿です。…

  4. ツバメウオの群

  5. ヤクシカ 屋久島 鹿

    ガジュマルの鹿

     木漏れ日を背にガジュマルの根に包まれるように鎮座している…

  6. ヤクシマカクレエビ 屋久島

    ヤクシマカクレエビ

    アワサンゴの仲間であるAlveopora tizardiというサン…

  7. コイソカニムシ

    【屋久島図鑑】No.22名前の通り海の近くで見られます。見た目はサ…

  8. オオヨツボシゴミムシ

    【屋久島図鑑】No.12地上を徘徊する昆虫です。2㎝程ですがこの虫…

PAGE TOP