イヌガシ

【屋久島図鑑】No. 6
花が無いとシロダモにそっくりです。
シロダモは晩秋に白い花を咲かせますが、このイヌガシは早春に深紅の花を咲かせます。
雄花と雌花があり、この写真では雄花。

名前につく「イヌ」の意味には、「否(いな)、違う」、「役に立たない」など否定的な意味があります。
否定的な名前にも関わらず、花は美しく、思わず足を止めてしまいます。
まだ、ヤマザクラが見られませんが、イヌガシを見に山に行くのも良いものです。
イヌガシが終わると次はイスノキの真っ赤な花がお勧めです。

和名:イヌガシ
学名:Neolitsea aciculata
分類:クスノキ目 クスノキ科 シロダモ属
撮影日:2021年2月23日
撮影場所:鹿児島県屋久島町白谷雲水峡

関連記事

  1. 奥岳の冬を生きる木

     今年の1月はキーンと冷え込んだ日がけっこう続き、冬らしい…

  2. 忘れた頃に思い出す

    2020/5/291週間に1回の植物紹介の時間の古賀です。…

  3. シダの世界へ

    2020/6/24緑色の根茎冬緑性植物紹介の時間。…

  4. 香りの記憶

    月桃の花 相変わらずマイペース投稿の笹川です。最近、梅雨の終わりか…

  5. 縄文杉の上で紅葉するナナカマド

  6. 森の妖精たち

    Yakushima film 笹川です。メンバーの古賀さんの投稿に触発され…

  7. 姫小岩鏡

    今年は、当たり年ですよ!ヒメコイワカガミの!あっ、笹川です。この間…

  8. モウセンゴケ

    2020/7/30こんにちは、植物の時間の古賀です。今回は…

PAGE TOP