ウミシダにひそむモンツキベラの幼魚

写真いっぱいに広がるシダ植物のような容姿をしているのは、ウミシダというウニやヒトデの仲間である棘皮動物です。水流にのって流れてきたプランクトンや有機物をクシのような部分にひっかけて食べているそうです。白いトゲが密集した部分が口と肛門です。彼らはたまに海底を移動しています。そのうち移動しているウミシダの映像をご紹介したいと思います。

そのウミシダ をよくみると1cmほどのモンツキベラの幼魚がじっとしていました。ある図鑑には背鰭の黒い斑紋がカニの目に似ているから、カニに擬態しているのかもしれないということですが、ウミシダの模様のほうがよく似ていて一見、全くわかりませんでした。

ウミシダには黄色に黒などいろんな体色のバリエーションがあるので、この子は自分の体色に似ていると認識して、このウミシダを隠れ家にしたのでしょうか。

僕はまだ確認したことがないですが、幼魚のときはヤギ類やウミシダ類をつつくそうです。もしかするとウミシダ が食料源になっているのでしょうか。

 

大人になるまでは、あらゆる生き物が天敵なのでしょう。おどおどした目で僕を見つめてきたあの感覚が忘れられません。

あの子は今も屋久島の海で生き残って泳ぎ回ってるかなあ。

 

関連記事

  1. 雪の奥岳を歩く鹿

  2. ヤクシマカクレエビ 屋久島

    ヤクシマカクレエビ

    アワサンゴの仲間であるAlveopora tizardiというサン…

  3. タコを捕食するアオウミガメ

    詳しい状況は動画でどうぞ。…

  4. シテンヤッコ 屋久島

    シテンヤッコ

    2011年8月22日観音にて撮影…

  5. アカツリアブモドキ

    【屋久島図鑑】No.13愛子岳を登っていると毛がモッサモサのハエが…

  6. スダレヤライシモチ 屋久島

    スダレヤライシモチ

    スダレヤライシモチの口内保育が始まっている。彼らはオスが卵をくわえ…

  7. ヤクシカ 屋久島 鹿

    ガジュマルの鹿

     木漏れ日を背にガジュマルの根に包まれるように鎮座している…

  8. オオヨツボシゴミムシ

    【屋久島図鑑】No.12地上を徘徊する昆虫です。2㎝程ですがこの虫…

PAGE TOP