オオヒシクイ

オオヒシクイは国の天然記念物に指定され亜寒帯の針葉樹林(タイガ)で繁殖している鳥です。ヒシクイの亜種でガンの仲間だそうです。ヒシクイはさらに北の永久凍土地帯(ツンドラ)で繁殖するということと、図鑑で首の長さを比較すると、おそらく写真の個体はオオヒシクイではないかと思いますが、詳しい方いましたら教えてください。

滋賀県琵琶湖がオオヒシクイの越冬地の南限だと言われているので、屋久島までやってくることはとても珍しいことなのかもしれません。はじめて出会いました。


ヒシを食べるところから名付けられたそうですが、マコモや水田の落ち穂なども食べるそうなので、我が家の栽培しているマコモと落ち穂がお目当てだったのか田んぼを優雅に歩いていました。

ロシアの方から来たかと思うとなんだかロマンを感じてしまいます。

お尻の振り方がとても可愛いので、是非以下の動画ご覧ください。

平野集落にて撮影

関連記事

  1. 寒緋桜にメジロ

    甘いものが好きなメジロは果実や花の蜜を食べます。この寒緋桜は相当甘…

  2. ウスキツマキリコヤガ

    【屋久島図鑑】No.15名前は浅黄(ウスキ) 色で、翅の端(ツマ)…

  3. ユウレイクラゲとハナビラウオ 屋久島

    ユウレイクラゲとハナビラウオ

    6月に入ると黒潮がぐっと屋久島に接近してくる。黒潮は栄養分の少ない…

  4. ホシガタハラボソコマユバチ

    【屋久島図鑑】No.10大きさ1.5㎝弱、潰れた金平糖のような、…

  5. 白化していくイソギンチャクとクマノミ

  6. スダレヤライシモチ 屋久島

    スダレヤライシモチ

    スダレヤライシモチの口内保育が始まっている。彼らはオスが卵をくわえ…

  7. イソギンチャクモエビ 屋久島

    イソギンチャクモエビ

    イボハタゴイソギンチャクを棲み家にしているイソギンチャクモエビの赤…

  8. ヤクシマカクレエビ 屋久島

    ヤクシマカクレエビ

    アワサンゴの仲間であるAlveopora tizardiというサン…

PAGE TOP