オオヨツボシゴミムシ

【屋久島図鑑】No.12
地上を徘徊する昆虫です。2㎝程ですがこの虫の仲間の中では大きいのでオオと名前に付きます。
背中の黄色い模様がとても良く目立ちます。
一般的には神出鬼没でなかなか出会えないと言われます。
私も屋久島では初めて見つけました。
冬は朽木や倒木の中で成虫が越冬します。

和名:オオヨツボシゴミムシ
学名:Dischissus mirandus
分類:コウチュウ目 オサムシ科 ヨツボシゴミムシ亜科
撮影日:2021‎年‎11月‎‎26日
撮影場所:鹿児島県屋久島町長峰

関連記事

  1. 森の子猿

    西部の森を探検していると、よく出会うのが猿と鹿。(ヤクザルとヤクシ…

  2. ヤクシマカクレエビ 屋久島

    ヤクシマカクレエビ

    アワサンゴの仲間であるAlveopora tizardiというサン…

  3. ミナミハコフグ 屋久島

    ミナミハコフグ

    幼魚の特徴である黒点模様は成魚になるにつれて崩れ形と色が変化してい…

  4. コブシメ

  5. フタオビミドリトラカミキリ

    【屋久島図鑑】No.1北海道から沖縄、そして小笠原まで見られる、いわ…

  6. オオヒシクイ

    オオヒシクイは国の天然記念物に指定され亜寒帯の針葉樹林(タイガ)で…

  7. 美声の主、コマドリ☆

    はじめまして。福留千穂です。このたび、yakushima …

  8. ユウレイクラゲとハナビラウオ 屋久島

    ユウレイクラゲとハナビラウオ

    6月に入ると黒潮がぐっと屋久島に接近してくる。黒潮は栄養分の少ない…

PAGE TOP