オオヨツボシゴミムシ

【屋久島図鑑】No.12
地上を徘徊する昆虫です。2㎝程ですがこの虫の仲間の中では大きいのでオオと名前に付きます。
背中の黄色い模様がとても良く目立ちます。
一般的には神出鬼没でなかなか出会えないと言われます。
私も屋久島では初めて見つけました。
冬は朽木や倒木の中で成虫が越冬します。

和名:オオヨツボシゴミムシ
学名:Dischissus mirandus
分類:コウチュウ目 オサムシ科 ヨツボシゴミムシ亜科
撮影日:2021‎年‎11月‎‎26日
撮影場所:鹿児島県屋久島町長峰

関連記事

  1. ウミシダにひそむモンツキベラの幼魚

    写真いっぱいに広がるシダ植物のような容姿をしているのは、ウミシダと…

  2. ハナミノカサゴ

  3. マダラトビエイ

  4. ニホンイタチ

    イタチは、動物性の食べものを好む屋久島の山では唯一の肉食獣。ネズミ…

  5. シャクナゲ咲く山に向かっていく鹿

    ふと振り返ってくれて、素敵な背景で写真が撮れました。シャク…

  6. ヤクシマガケジグモ

    【屋久島図鑑】No.25屋久島で発見され、2010年に新種となった…

  7. Psammoecus scitus

    【屋久島図鑑】No.3「んー。あなたはだぁれ?」と、心の中で呟き…

  8. 雨宿り

    2013/6/3最近は植物の写真ばかりアップしていたので、たまには…

PAGE TOP