オラウータンクラブ

ナガレハナサンゴを棲み家にするオラウータンクラブ。赤茶の毛をはやした容姿はまさにオラウータンみたいですよね。しかし、この名はダイバーで呼ばれている愛称で、学名も和名もまだついてないカニでクモガニ科クモガニ属の一種(Oncinopus sp.)と図鑑では記載されています。

毛はカニ自身からはえているのではなく藍藻類のユレモ目の仲間が着生していることがわかっています。このユレモをはがす実験で、数種のカニがあらわれたことがわかっており、この写真の3個体もユレモをはがさないと同定は難しいということです。

海ではまだまだわからないことばかり。

今日はどんな宇宙人に会えるかな。

関連記事

  1. ハリセンボンの口内を掃除するニセアカホシカクレエ…

    海の中にはクリーニングステーションと呼ばれるスポットがあって、いろ…

  2. シマタレクチベラ 幼魚 屋久島

    シマタレクチベラ

    体長1cmほど。2020年6月23日一湊にて撮影…

  3. ウミシダにひそむモンツキベラの幼魚

    写真いっぱいに広がるシダ植物のような容姿をしているのは、ウミシダと…

  4. スダレヤライシモチ 屋久島

    スダレヤライシモチ

    スダレヤライシモチの口内保育が始まっている。彼らはオスが卵をくわえ…

  5. ヒレンジャク

    ヒレンジャク来ました!!宮之浦メインストリートの電線に7〜…

  6. 戦闘機を棲み家にする魚たち

    Fishes living around a sunken fig…

  7. サルを毛繕いするシカ

    高久がサイトの乗っ取りをかけて10枚も一気にアップしてきたので、乗…

  8. こんにちは、象虫くん

    ヒラヤマナガメゾウムシ(屋久島にて) 我が家に訪れる珍客が日に日…

PAGE TOP