オラウータンクラブ

ナガレハナサンゴを棲み家にするオラウータンクラブ。赤茶の毛をはやした容姿はまさにオラウータンみたいですよね。しかし、この名はダイバーで呼ばれている愛称で、学名も和名もまだついてないカニでクモガニ科クモガニ属の一種(Oncinopus sp.)と図鑑では記載されています。

毛はカニ自身からはえているのではなく藍藻類のユレモ目の仲間が着生していることがわかっています。このユレモをはがす実験で、数種のカニがあらわれたことがわかっており、この写真の3個体もユレモをはがさないと同定は難しいということです。

海ではまだまだわからないことばかり。

今日はどんな宇宙人に会えるかな。

関連記事

  1. コブシメ

  2. 海洋ゴミをすみかにするオオモンカエルアンコウ

    Commerson's frogfish that makes m…

  3. 森を背負うカニ

    体中に数種類の海藻を身にまとい、海を闊歩するカニに遭遇しました。海…

  4. ヤクシカ 屋久島 鹿

    ガジュマルの鹿

     木漏れ日を背にガジュマルの根に包まれるように鎮座している…

  5. 美声の主、コマドリ☆

    はじめまして。福留千穂です。このたび、yakushima …

  6. のどかな食事風景

    広大な花之江河でどうしてそんなに密に...極上の草がはえて…

  7. 奇跡のような日常

    みんなから2ヶ月ほど遅れてのはじめてとなる投稿です。…

  8. 戦闘機を棲み家にする魚たち

    Fishes living around a sunken fig…

PAGE TOP