オラウータンクラブ

ナガレハナサンゴを棲み家にするオラウータンクラブ。赤茶の毛をはやした容姿はまさにオラウータンみたいですよね。しかし、この名はダイバーで呼ばれている愛称で、学名も和名もまだついてないカニでクモガニ科クモガニ属の一種(Oncinopus sp.)と図鑑では記載されています。

毛はカニ自身からはえているのではなく藍藻類のユレモ目の仲間が着生していることがわかっています。このユレモをはがす実験で、数種のカニがあらわれたことがわかっており、この写真の3個体もユレモをはがさないと同定は難しいということです。

海ではまだまだわからないことばかり。

今日はどんな宇宙人に会えるかな。

関連記事

  1. ヒレグロコショウダイ 幼魚 屋久島

    ヒレグロコショウダイ

    幼魚  体長約2cm2020年6月23日一湊にて撮影…

  2. ハナミノカサゴ

  3. バラハタ 若魚 屋久島

    バラハタ

    若魚2020年6月15日一湊にて撮影…

  4. アマミスズメダイ

    体長2cmほど。2020年6月15日一湊にて撮影…

  5. ヤクシマカクレエビ 屋久島

    ヤクシマカクレエビ

    アワサンゴの仲間であるAlveopora tizardiというサン…

  6. シマタレクチベラ 幼魚 屋久島

    シマタレクチベラ

    体長1cmほど。2020年6月23日一湊にて撮影…

  7. 森の子猿

    西部の森を探検していると、よく出会うのが猿と鹿。(ヤクザルとヤクシ…

  8. 上昇していく魚群

    外敵から身を守るために普段は漁礁の隙間にひしめき合いながら身を寄せ…

PAGE TOP