ガジュマルお爺さんと少女


 ゼロ歳の時からずっと一緒に遊んでもらったガジュマルお爺さん

どんな時でもあたたかく迎えいれてくれていつも大きく包んでくれた。

いつの日かこの島を離れる時が来てもわたしはあなたを忘れない。

心の中に広がっているこの森をずっと枯らすことなく育んでいく。

そしていつかあなたに会いに還ってくるね。


娘にとって樹や森がそんな存在であり続けてくれることを願って….







関連記事

  1. 屋久島の秋さがし

    本州と違って屋久島の山岳の紅葉はとても地味です。着物に例えるのなら…

  2. 風神杉

  3. 小雨ふる照葉の森で

    何年か前に雨の時に撮った写真です今日の屋久島は久しぶりにま…

  4. 悠久なるとき

  5. ヒカリのさす方へ

    およそ7300年前に屋久島の北西約30 km&nbsp…

  6. リトルクライマー

      先日娘の愛虹香を連れて3日間山に籠もってきました。ガ…

  7. 朝凪-Dawn in Anbo-

    朝凪 -Dawn in Anbo-

    朝凪の安房久しぶりの投稿です。ロケット以来かな。腕がこんがり小麦色…

  8. 赤瀬の朝

    赤瀬で赤い日の出を赤パンガイドの友と…

PAGE TOP