ガジュマルお爺さんと少女


 ゼロ歳の時からずっと一緒に遊んでもらったガジュマルお爺さん

どんな時でもあたたかく迎えいれてくれていつも大きく包んでくれた。

いつの日かこの島を離れる時が来てもわたしはあなたを忘れない。

心の中に広がっているこの森をずっと枯らすことなく育んでいく。

そしていつかあなたに会いに還ってくるね。


娘にとって樹や森がそんな存在であり続けてくれることを願って….







関連記事

  1. 雨の森に光さす 屋久島

    雨の森に光さす

    外国にはないと言われている「木洩れ陽」という日本独特の言い回しのこ…

  2. うつくしきもの

    「うつくしきもの」1週間に1回の古賀です。最近どう…

  3. 朝凪-Dawn in Anbo-

    朝凪 -Dawn in Anbo-

    朝凪の安房久しぶりの投稿です。ロケット以来かな。腕がこんがり小麦色…

  4. 屋久島 山岳写真

    山に行こう!

    自然を切り開いて建造された不自然な都会に対して、言語化できない違和…

  5. 縄文杉と鹿

  6. ヒカリのさす方へ

    およそ7300年前に屋久島の北西約30 km&nbsp…

  7. 高塚山の鏡岩

  8. リトルクライマー

      先日娘の愛虹香を連れて3日間山に籠もってきました。ガ…

PAGE TOP