ガジュマルお爺さんと少女


 ゼロ歳の時からずっと一緒に遊んでもらったガジュマルお爺さん

どんな時でもあたたかく迎えいれてくれていつも大きく包んでくれた。

いつの日かこの島を離れる時が来てもわたしはあなたを忘れない。

心の中に広がっているこの森をずっと枯らすことなく育んでいく。

そしていつかあなたに会いに還ってくるね。


娘にとって樹や森がそんな存在であり続けてくれることを願って….







関連記事

  1. 記憶

    前回の投稿『奇跡のような日常』でご紹介したのと同じ川です。…

  2. ヤクシマザル 屋久島 頬袋 Macaca fuscata yakui

    頬袋に木の実を

    子猿が続々と生まれて森が陽気になってきている。猿も人も、赤ちゃんは…

  3. 古木と星とヒトの時間

    松田です。屋久島には立ち枯れした巨木たちが無数にあります。…

  4. ヒカリのさす方へ

    およそ7300年前に屋久島の北西約30 km&nbsp…

  5. 赤き大地に舞う

    これまで写真3枚、そして映像を1本あげてきましたがやっぱり僕は人の…

  6. 雨の森に光さす 屋久島

    雨の森に光さす

    外国にはないと言われている「木洩れ陽」という日本独特の言い回しのこ…

  7. 障子尾根の森

    写真は、障子尾根の10峰と11峰の間を縦走しているときに撮影したも…

  8. 天上天下唯我独尊

    仏教の開祖であるブッダは、生まれてすぐに七歩あるき「天上天下唯我独…

PAGE TOP