コイソカニムシ

名前の通り海の近くで見られます。
見た目はサソリっぽいですが、かなり小さく2㎜ほど。
クモに近い生き物で糸を出すことができます。
いつもはその糸でお一人様用の巣を作り、砂粒や枯草などでカモフラージュしています。
海辺の石の裏に着いていることがあります。
生き物を探して石をひっくり返したとき、何もいなかったからと言ってそのままにせず必ずもとに戻して欲しいです。
もしかすると、カニムシの巣があって中で暮らしているかも知れません。
石の裏では無く、巣が表になると日光が当たり暑くて死んでしまいます。

学名を見ると「えのしま」と読めます。神奈川県の江の島で最初に見つかりました。

和名:コイソカニムシ
学名:Nipponogarypus enoshimaensis
分類:クモ綱 カニムシ目 サバクカニムシ科
撮影日:2021年7月6日
発見場所:鹿児島県屋久島町春牧

関連記事

  1. ホシススキベラ 幼魚 屋久島

    ホシススキベラ

    体長1.5cmほど2020年6月23日一湊にて撮影…

  2. コブシメ

  3. Psammoecus scitus

    【屋久島図鑑】No.3「んー。あなたはだぁれ?」と、心の中で呟き…

  4. 草むらの命

    松田です。梅雨真っ盛りのなか雨の写真を撮りに行きたいのです…

  5. フタオビミドリトラカミキリ

    【屋久島図鑑】No.1北海道から沖縄、そして小笠原まで見られる、いわ…

  6. ヒレグロコショウダイ 幼魚 屋久島

    ヒレグロコショウダイ

    幼魚  体長約2cm2020年6月23日一湊にて撮影…

  7. 白化していくイソギンチャクとクマノミ

  8. ヤクシマカクレエビ 屋久島

    ヤクシマカクレエビ

    アワサンゴの仲間であるAlveopora tizardiというサン…

PAGE TOP