サツマサンキライ

2022/1/5 雌花
2022/1/5 雄花

和名:  サツマサンキライ
学名: Smilax bracteata C.Presl var. bracteata
科名: Smilacaceae(サルトリイバラ科)
smilaxはカシの1種のギリシア古名を転用、 bracteataは包葉の意味
九州から南西諸島まで分布。近い仲間にサルトリイバラ( Smilax china L. )、ハマサルトリイバラ( Smilax sebeana Miq. )が屋久島にある。
サツマサンキライは、トゲが少ない。葉はやや楕円。葉の先が尖り。葉はつやがある。1月に咲く花の時期が他の近い仲間と違う。

関連記事

  1. キケマン

    2022/2/2 学名:Corydalis het…

  2. ヤクシマアセビが咲き乱れる奥岳

    ヤクシマアセビと栗生岳ヤクシマアセビの花ヤクシマアセビと宮…

  3. オキナワチドリ

    こんにちは、屋久島フィルムの古賀です。春の屋久島、いろんな…

  4. ヤクシマミヤマウズラ

    久しぶりの植物の時間、古賀です。今回は「ヤクシマミヤマウズラ(Go…

  5. 縄文杉の上で紅葉するナナカマド

  6. トカラカンアオイ

    2021/11/27学名: Asarum toka…

  7. 永田岳に彩りをそえるミツバツツジ

    4月の下旬から咲き始めるヤクシマミツバツツジは今が見頃です。ヤクシ…

  8. いつもは隠れている美しさ

    縄文杉の隣に生きるヒメシャラ屋久島の山岳で数少ない落葉樹…

PAGE TOP