サツマサンキライ

2022/1/5 雌花
2022/1/5 雄花

和名:  サツマサンキライ
学名: Smilax bracteata C.Presl var. bracteata
科名: Smilacaceae(サルトリイバラ科)
smilaxはカシの1種のギリシア古名を転用、 bracteataは包葉の意味
九州から南西諸島まで分布。近い仲間にサルトリイバラ( Smilax china L. )、ハマサルトリイバラ( Smilax sebeana Miq. )が屋久島にある。
サツマサンキライは、トゲが少ない。葉はやや楕円。葉の先が尖り。葉はつやがある。1月に咲く花の時期が他の近い仲間と違う。

関連記事

  1. チケイラン

    「チケイラン」 やる気スイッチ入ってきた、植物の時間の古賀です。 今回は「…

  2. チャボ〇〇です

    2020/5/291週間に1回の植物紹介の時間の古賀です。…

  3. 生気を失ってゆく葉に咲く花

  4. 石楠花に導かれて

    5月の終わりは、屋久島シャクナゲの季節だ。そして、屋久島がある九州南部梅雨…

  5. 梅雨の中休み

    2020/6/13今回、紹介する植物は、「ギョクシンカ」Taren…

  6. 雪に包まれてゆく杉の枯木

    Old cedar wrapped in snow…

  7. 新緑の香りと一番茶摘み

    こんにちわ、杉下真絹子(すぎしたまきこ)です!日本でも一番早く始ま…

  8. バイカツツジ

    2021/8/2和名:バイカツツジ学名:Rhododendron …

PAGE TOP