サルを毛繕いするシカ

高久がサイトの乗っ取りをかけて10枚も一気にアップしてきたので、乗っ取り防止で田中も1枚。今日は松田も1枚あげてるので1日で12枚!もう、この枚数は2度とないかもしれません。笑

 

屋久島では猿が鹿の背中に乗ることがたまにあります。乗られた鹿はどことなく嫌そうで、ときに暴れ、猿を振り落とすこともあります。これまで、そんなシーンしか遭遇したことがなかった僕は、いつの間にか人間目線の常識をつくり上げてしまっていました。

 

鹿は迷惑してるにちがいない

 

 

このシーンに出会って、またひとつ固定概念が壊れました。

僕らが動物たちを愛し、ときに苛立ってしまうように、鹿にも猿にも同様の感情があるのかもしれません。

屋久島の森は今日も人の浅はかさを無言で許容しながら

悠久のトキを淡々と紡いでいました。

人間社会が作りあげた常識をぶっ壊したくて

僕は自然の写真を撮り続けているのかもしれません。

  

いや、高久の乗っ取りを防止したくて、でしたね。笑

 

関連記事

  1. マムシ

    会いたかったけどなかなか会えないマムシ。蛇の眼差しはけっこう好きで…

  2. ベニイカリモンガ

    【屋久島図鑑】No.2良く聞く虫の豆知識に「蝶は 翅(はね)を閉…

  3. ヤクシカ 屋久島 鹿

    ガジュマルの鹿

     木漏れ日を背にガジュマルの根に包まれるように鎮座している…

  4. リュウキュウコオロギバチ

    【屋久島図鑑】No. 7冬、虫たちはほとんど冬眠しその姿を隠してし…

  5. ヤクシマカクレエビ 屋久島

    ヤクシマカクレエビ

    アワサンゴの仲間であるAlveopora tizardiというサン…

  6. オオヒシクイ

    オオヒシクイは国の天然記念物に指定され亜寒帯の針葉樹林(タイガ)で…

  7. スダレヤライシモチ 屋久島

    スダレヤライシモチ

    スダレヤライシモチの口内保育が始まっている。彼らはオスが卵をくわえ…

  8. 美声の主、コマドリ☆

    はじめまして。福留千穂です。このたび、yakushima …

PAGE TOP