サルを毛繕いするシカ

高久がサイトの乗っ取りをかけて10枚も一気にアップしてきたので、乗っ取り防止で田中も1枚。今日は松田も1枚あげてるので1日で12枚!もう、この枚数は2度とないかもしれません。笑

 

屋久島では猿が鹿の背中に乗ることがたまにあります。乗られた鹿はどことなく嫌そうで、ときに暴れ、猿を振り落とすこともあります。これまで、そんなシーンしか遭遇したことがなかった僕は、いつの間にか人間目線の常識をつくり上げてしまっていました。

 

鹿は迷惑してるにちがいない

 

 

このシーンに出会って、またひとつ固定概念が壊れました。

僕らが動物たちを愛し、ときに苛立ってしまうように、鹿にも猿にも同様の感情があるのかもしれません。

屋久島の森は今日も人の浅はかさを無言で許容しながら

悠久のトキを淡々と紡いでいました。

人間社会が作りあげた常識をぶっ壊したくて

僕は自然の写真を撮り続けているのかもしれません。

  

いや、高久の乗っ取りを防止したくて、でしたね。笑

 

関連記事

  1. ユウレイクラゲとハナビラウオ 屋久島

    ユウレイクラゲとハナビラウオ

    6月に入ると黒潮がぐっと屋久島に接近してくる。黒潮は栄養分の少ない…

  2. Psammoecus scitus

    【屋久島図鑑】No.3「んー。あなたはだぁれ?」と、心の中で呟き…

  3. モンスズメダイ幼魚 屋久島

    モンスズメダイ

    ●幼魚ステージハナゴイの幼魚の群れの中に混じって泳いでいた…

  4. 屋久島の秋さがし

    本州と違って屋久島の山岳の紅葉はとても地味です。着物に例えるのなら…

  5. シャクナゲ咲く山に向かっていく鹿

    ふと振り返ってくれて、素敵な背景で写真が撮れました。シャク…

  6. 記憶

    前回の投稿『奇跡のような日常』でご紹介したのと同じ川です。…

  7. マムシ

    会いたかったけどなかなか会えないマムシ。蛇の眼差しはけっこう好きで…

  8. セイタカシギ(背高鷸)

    椨川集落の棚田に、水が入りはじめました。島の南部ではもう田植えが終…

PAGE TOP