シマコウヤボウキ

2022/9/12

学名:Pertya yakushimensis H.Koyama et Nagam.
和名:シマコウヤボウキ
科名: APG: Asteraceae(キク科);エングラー: Compositae(キク科)

屋久島の固有種。屋久島の限られた崖のような地形にある。
生息位置、範囲については不明な点が多い。
ナガバノコウヤボウキに似るが、葉が無毛、短枝に束生する葉の枚数が多い、総苞の基部に鱗片状の小葉がある点などにより区別される。

関連記事

  1. 石楠花に導かれて

    5月の終わりは、屋久島シャクナゲの季節だ。そして、屋久島がある九州南部梅雨…

  2. ヤクシマシャクナゲと永田岳

    奥岳のシャクナゲが見頃となりました。ふうわりとしたピンクのグラデー…

  3. ヤマコンニャク

    2022/7/42021/5/1…

  4. ヒメウマノミツバ

    ヒメウマノミツバ Apiaceae(セリ科) 学名: Sanic…

  5. ダルマエビネ

    2021/6/14ダルマエビネ 学名:Calanthe a…

  6. シロシャクジョウ

    2022/9/30学名:Burmannia cry…

  7. シマウリノキ

    2022/5/27 学名:Alangium pre…

  8. 梅雨の中休み

    2020/6/13今回、紹介する植物は、「ギョクシンカ」Taren…

PAGE TOP