シモジャナグモ

【屋久島図鑑】No.26
「これってシモジャナイじゃない!?」
小石をひっくり返した時、このクモを見つけて思わず声が出てしまった。
屋久島初記録の瞬間です。

シモジャナイはこのクモの学名の一部。種小名とも。
クモの和名と学名は理学博士の下謝名松栄氏への献名です。

お隣、口永良部島で2018年に記録があったので、たぶん屋久島でも見つかるであろうと思っていました。
分布は琉球列島から中国広東省。今のところ北限は屋久島・口永良部島になります。

これでも十分成長したおとなのメスです。
1円玉の文字より小さな存在です。

哺乳類に象からネズミまでいろいろバリエーションがあるように、一言にクモと言っても色んな種類があります。
その中でも、小さいほど途轍もない多様性があります。

和名:シモジャナグモ♀
学名:Ablemma shimojanai
分類:クモ目 ジャバラグモ科 シモジャナグモ属
撮影日:2022年3月26‎日
発見場所:鹿児島県屋久島町小島

関連記事

  1. 寒緋桜にメジロ

    甘いものが好きなメジロは果実や花の蜜を食べます。この寒緋桜は相当甘…

  2. ウスキツマキリコヤガ

    【屋久島図鑑】No.15名前は浅黄(ウスキ) 色で、翅の端(ツマ)…

  3. ユウレイクラゲとハナビラウオ 屋久島

    ユウレイクラゲとハナビラウオ

    6月に入ると黒潮がぐっと屋久島に接近してくる。黒潮は栄養分の少ない…

  4. ホシガタハラボソコマユバチ

    【屋久島図鑑】No.10大きさ1.5㎝弱、潰れた金平糖のような、…

  5. 白化していくイソギンチャクとクマノミ

  6. スダレヤライシモチ 屋久島

    スダレヤライシモチ

    スダレヤライシモチの口内保育が始まっている。彼らはオスが卵をくわえ…

  7. イソギンチャクモエビ 屋久島

    イソギンチャクモエビ

    イボハタゴイソギンチャクを棲み家にしているイソギンチャクモエビの赤…

  8. ヤクシマカクレエビ 屋久島

    ヤクシマカクレエビ

    アワサンゴの仲間であるAlveopora tizardiというサン…

PAGE TOP