スダレヤライシモチ

スダレヤライシモチの口内保育が始まっている。彼らはオスが卵をくわえて子育てをする。ときおりペアでいることがあるので、もしかするとそばにいるのはメスなのかもしれない。卵にはしっかりと目ができている。孵化と同時に、親は子を大海に解き放つ。

2020年6月15日撮影

関連記事

  1. ウミシダにひそむモンツキベラの幼魚

    写真いっぱいに広がるシダ植物のような容姿をしているのは、ウミシダと…

  2. ヤクザルの赤ちゃん

    毎年、春になるとヤクザルの母たちは子を産みはじめます。ミーミーと可…

  3. シャクナゲ咲く山に向かっていく鹿

    ふと振り返ってくれて、素敵な背景で写真が撮れました。シャク…

  4. オオヨツボシゴミムシ

    【屋久島図鑑】No.12地上を徘徊する昆虫です。2㎝程ですがこの虫…

  5. ハヤブサがアマサギを捕食

    晴天続きで梅雨が明けそうな屋久島でドラマチックなシーンに出…

  6. ルイスオオゴミムシ

    【屋久島図鑑】No.21家の畑の土を耕しているときに出…

  7. モンスズメダイ幼魚 屋久島

    モンスズメダイ

    ●幼魚ステージハナゴイの幼魚の群れの中に混じって泳いでいた…

  8. 曲がった角をはやすヤクシカ

    https://youtu.be/AsNzPwxw-Bg…

PAGE TOP