タニカワヤリグモの母

守る。
自分の卵を守る。子孫を守る。未来を守る。

クモの後ろにある物体は卵の塊。
※クモは産んだ卵を糸でぐるぐる巻きにする。これを卵嚢と呼ぶ。
 糸をほどくと球形の卵がたくさん入っている。

お母さんグモは自分より大きな卵の塊を兎に角必死に守っている。
しかし、彼女は何かを守れるほど強いとは思えない。

身体は小さく、脚は糸のように細い。
それはそれは慎重に扱わないと潰しかねない。

このお母さんのお母さんのそのまたお母さんの、
ずっとずっとずーっと先祖のお母さんがある時卵を守るようになった。

その娘もお母さんになった時、卵を守った。
守らないお母さんの卵より、守られた卵は生き残った。

そのうちタニカワヤリグモのお母さんはみんな卵を守るようになった。

そう考えるとお母さんグモ、弱くないかもと思えた。

8/6に♂を見つけましたが、今度は別の場所で♀。
偶然ではなく、屋久島に確実に住んでいると感じました。
極めて発見例の少ないクモです。
探す人も見つけて喜ぶ人も少ないですが、屋久島の自然の凄さを示す証人ではないかと思います。

【屋久島図鑑】No.24の続きでした。

和名:タニカワヤリグモ♀
学名:Rhomphaea tanikawai
分類:クモ目 ヒメグモ科 ヤリグモ属
撮影日:2022年8月28日
発見場所:鹿児島県屋久島町栗生

関連記事

  1. フタオビミドリトラカミキリ

    【屋久島図鑑】No.1北海道から沖縄、そして小笠原まで見られる、いわ…

  2. ウミシダにひそむモンツキベラの幼魚

    写真いっぱいに広がるシダ植物のような容姿をしているのは、ウミシダと…

  3. 緑一色の森

    2013年8月6日に撮影した写真です。もうあれから7年も経つのかと…

  4. イソギンチャクモエビ 屋久島

    イソギンチャクモエビ

    イボハタゴイソギンチャクを棲み家にしているイソギンチャクモエビの赤…

  5. 雪の奥岳を歩く鹿

  6. オオヒシクイ

    オオヒシクイは国の天然記念物に指定され亜寒帯の針葉樹林(タイガ)で…

  7. ヤギヌマノセマルトラフカニグモ

    【屋久島図鑑】No.18令和4年(2022年)は寅年です。なので…

  8. Cybaeus yakushimensis

    【屋久島図鑑】No.11今回の写真は虫やクモが苦手な方には申し訳無…

PAGE TOP