タニカワヤリグモ

【屋久島図鑑】No.24
クモが好きです。
え!?クモが?と思われる方も多いと思いますが、クモは綺麗です。

いや、綺麗と思って見ると、綺麗に見えます。
綺麗と思ってシャッターを切ると、綺麗に撮れます!

さてこのクモは、槍のような細い体には金銀が散りばめられたような模様。
まるでジュエリー。
なのですが、非常に小さく、また半透明の体は風景の一部となり見つけるのは大変です。

このクモはこの種類としては初めて屋久島で見つかりました。
そして、九州初記録でもあります。
民家のすぐ近くでもまだまだ発見のある屋久島の自然の奥深さにはいつも驚かされます。

クモの名前のタニカワ、学名の「tanikawai」はクモ学者の谷川明男氏に因みます。

和名:タニカワヤリグモ♂
学名:Rhomphaea tanikawai
分類:クモ目 ヒメグモ科 ヤリグモ属
撮影日:2022年8月6‎日
発見場所:鹿児島県屋久島町安房

参考文献:CD日本のクモ ver.2022

関連記事

  1. 寒緋桜にメジロ

    甘いものが好きなメジロは果実や花の蜜を食べます。この寒緋桜は相当甘…

  2. ウスキツマキリコヤガ

    【屋久島図鑑】No.15名前は浅黄(ウスキ) 色で、翅の端(ツマ)…

  3. ユウレイクラゲとハナビラウオ 屋久島

    ユウレイクラゲとハナビラウオ

    6月に入ると黒潮がぐっと屋久島に接近してくる。黒潮は栄養分の少ない…

  4. ホシガタハラボソコマユバチ

    【屋久島図鑑】No.10大きさ1.5㎝弱、潰れた金平糖のような、…

  5. 白化していくイソギンチャクとクマノミ

  6. スダレヤライシモチ 屋久島

    スダレヤライシモチ

    スダレヤライシモチの口内保育が始まっている。彼らはオスが卵をくわえ…

  7. イソギンチャクモエビ 屋久島

    イソギンチャクモエビ

    イボハタゴイソギンチャクを棲み家にしているイソギンチャクモエビの赤…

  8. ヤクシマカクレエビ 屋久島

    ヤクシマカクレエビ

    アワサンゴの仲間であるAlveopora tizardiというサン…

PAGE TOP