チケイラン

「チケイラン」
やる気スイッチ入ってきた、植物の時間の古賀です。
今回は「チケイラン(Cestichis bootanensis (Griff.) T.C.Hsu)」です。
冬場に花を見ることができるラン。
空中湿度の高い森や沢沿いで岩や大きな木に着生します。
チケイランのような着生ランがある森は、空中湿度が保たれるある程度面積がある森で、着生しやすい
大きな古木がある森。そして大きな岩も大事な場所。
屋久島には身近にチケイランが育つ森がある。なんだかうれしいことです。

関連記事

  1. 木陰で一人たたずむ

    1週間に1回現れる古賀です。屋久島に生きる植物の記録シリーズ。前回…

  2. 永田岳に彩りをそえるミツバツツジ

    4月の下旬から咲き始めるヤクシマミツバツツジは今が見頃です。ヤクシ…

  3. いつもは隠れている美しさ

    縄文杉の隣に生きるヒメシャラ屋久島の山岳で数少ない落葉樹…

  4. 記憶の継承

    5/22 11:33am1週間に1回、植物を紹介している古賀です。…

  5. 島はシャクナゲの季節に

    一昨年、去年と裏年だったシャクナゲの開花。今年は多数の蕾を確認して…

  6. 姫小岩鏡

    今年は、当たり年ですよ!ヒメコイワカガミの!あっ、笹川です。この間…

  7. 森の妖精たち

    Yakushima film 笹川です。メンバーの古賀さんの投稿に触発され…

  8. シダの世界へ

    2020/6/24緑色の根茎冬緑性植物紹介の時間。…

PAGE TOP