チケイラン

「チケイラン」
やる気スイッチ入ってきた、植物の時間の古賀です。
今回は「チケイラン(Cestichis bootanensis (Griff.) T.C.Hsu)」です。
冬場に花を見ることができるラン。
空中湿度の高い森や沢沿いで岩や大きな木に着生します。
チケイランのような着生ランがある森は、空中湿度が保たれるある程度面積がある森で、着生しやすい
大きな古木がある森。そして大きな岩も大事な場所。
屋久島には身近にチケイランが育つ森がある。なんだかうれしいことです。

関連記事

  1. トカラカンアオイ

    2021/11/27学名: Asarum toka…

  2. 木陰で一人たたずむ

    1週間に1回現れる古賀です。屋久島に生きる植物の記録シリーズ。前回…

  3. 雪に包まれてゆく杉の枯木

    Old cedar wrapped in snow…

  4. 春の雨

    春分をむかえ春の訪れを知らせるオオゴカヨウウレンも花の時期を終えよ…

  5. アセビの開花はじまる

    奥岳でまず1番に咲くアセビの開花が始まりました。夏に向けてこれから…

  6. フデリンドウ

    フデリンドウ Gentianaceae(リンドウ科) G…

  7. 姫小岩鏡

    今年は、当たり年ですよ!ヒメコイワカガミの!あっ、笹川です。この間…

  8. 島はシャクナゲの季節に

    一昨年、去年と裏年だったシャクナゲの開花。今年は多数の蕾を確認して…

PAGE TOP