チャボ〇〇です

2020/5/29

1週間に1回の植物紹介の時間の古賀です。

今回は「チャボイナモリ」Ophiorrhiza pumila Champ. ex Benth.

チャボとつくとだいたい「小さい」という意味だと思って良いです。

屋久島では3ー4月に咲くサツマイナモリがあり、それに比べるとチャボイナモリは全体的に花や葉が小さめ。

カンプトテシン系の物質(抗がん物質)をつくる植物で、研究されているそうです。

沖縄では普通にみることができるらしいが、個人的には屋久島ではそれほど普通ではないと感じています。

これから注意して見てみようと思います。

関連記事

  1. ミヤマムギラン

    2021/7/8ミヤマムギラン 学名: Bulbophyl…

  2. ヤクシマミヤマウズラ

    久しぶりの植物の時間、古賀です。今回は「ヤクシマミヤマウズラ(Go…

  3. いつもは隠れている美しさ

    縄文杉の隣に生きるヒメシャラ屋久島の山岳で数少ない落葉樹…

  4. 島はシャクナゲの季節に

    一昨年、去年と裏年だったシャクナゲの開花。今年は多数の蕾を確認して…

  5. ヤクシマハシカグサ

    2021/9/5 和名:  ヤクシマハシカグサ 学名: …

  6. 新緑の香りと一番茶摘み

    こんにちわ、杉下真絹子(すぎしたまきこ)です!日本でも一番早く始ま…

  7. 春の雨

    春分をむかえ春の訪れを知らせるオオゴカヨウウレンも花の時期を終えよ…

  8. ムラサキムカシヨモギ

    2021/10/9学名: Cyanthillium cin…

PAGE TOP