チャボ〇〇です

2020/5/29

1週間に1回の植物紹介の時間の古賀です。

今回は「チャボイナモリ」Ophiorrhiza pumila Champ. ex Benth.

チャボとつくとだいたい「小さい」という意味だと思って良いです。

屋久島では3ー4月に咲くサツマイナモリがあり、それに比べるとチャボイナモリは全体的に花や葉が小さめ。

カンプトテシン系の物質(抗がん物質)をつくる植物で、研究されているそうです。

沖縄では普通にみることができるらしいが、個人的には屋久島ではそれほど普通ではないと感じています。

これから注意して見てみようと思います。

関連記事

  1. 木陰で一人たたずむ

    1週間に1回現れる古賀です。屋久島に生きる植物の記録シリーズ。前回…

  2. うつくしきもの

    「うつくしきもの」1週間に1回の古賀です。最近どう…

  3. 石楠花に導かれて

    5月の終わりは、屋久島シャクナゲの季節だ。そして、屋久島がある九州南部梅雨…

  4. 照葉樹林の木漏れ日で

    久しぶりの投稿。古賀です。写真家グループ「yakushim…

  5. ヒロハヒノキゴケ(屋久島)

    渇きを潤せ!

    台風8号が過ぎ去り、暑さの戻った屋久島。3日続けての投稿ははじめて…

  6. 記憶の継承

    5/22 11:33am1週間に1回、植物を紹介している古賀です。…

  7. 香りの記憶

    月桃の花 相変わらずマイペース投稿の笹川です。最近、梅雨の終わりか…

  8. ヤマハンショウズル

    こんにちは、植物の時間の古賀です。12月になり花はまだあるのか。…

PAGE TOP