チリグモ

【屋久島図鑑】No.16
好きの反対は嫌いではなく無関心と言いますが、まさに注目されることが無いクモです。
何故か?

小さいからです。これでも大人、メスです。大きさは2㎜前後になります。

自宅の薪ストーブに入れる直前の薪に付いていました。
撮影後はリリースしたので、このクモは命拾いをしたことになります。
冬と言うこともあり、クモの恩返しが楽しみです。
スパイ〇ー社製並の頑強な布を織ってくれるはず!

因みに、一円硬貨は「日本国」と書かれた方が表。いつもは裏に乗せて撮影しています。一円硬貨は直径がちょうど2㎝とスケールにはもってこいですが、対象が小さすぎますね。
昆虫にも同じことが言えますが、小さい種類は実はとても数が多いのです。
ルーペや虫眼鏡を持って観察してみると世界がとても広がります。
自宅の庭だけでも一生楽しめるほど世界が広大になります。

和名:チリグモ
学名:Oecobius navus
分類:クモ目 チリグモ科 チリグモ属
撮影日:2021年12月20日
撮影場所:鹿児島県屋久島町長峰

関連記事

  1. ホシススキベラ 幼魚 屋久島

    ホシススキベラ

    体長1.5cmほど2020年6月23日一湊にて撮影…

  2. スダレヤライシモチ 屋久島

    スダレヤライシモチ

    スダレヤライシモチの口内保育が始まっている。彼らはオスが卵をくわえ…

  3. 雪の奥岳を歩く鹿

  4. ウミシダにひそむモンツキベラの幼魚

    写真いっぱいに広がるシダ植物のような容姿をしているのは、ウミシダと…

  5. シャクナゲ咲く山に向かっていく鹿

    ふと振り返ってくれて、素敵な背景で写真が撮れました。シャク…

  6. バイオレットボクサーシュリンプ

    屋久島によくいるオトヒメエビ。写真は、その仲間であるバイオレットボ…

  7. 白化していくイソギンチャクとクマノミ

  8. 森の子猿

    西部の森を探検していると、よく出会うのが猿と鹿。(ヤクザルとヤクシ…

PAGE TOP