チリグモ

【屋久島図鑑】No.16
好きの反対は嫌いではなく無関心と言いますが、まさに注目されることが無いクモです。
何故か?

小さいからです。これでも大人、メスです。大きさは2㎜前後になります。

自宅の薪ストーブに入れる直前の薪に付いていました。
撮影後はリリースしたので、このクモは命拾いをしたことになります。
冬と言うこともあり、クモの恩返しが楽しみです。
スパイ〇ー社製並の頑強な布を織ってくれるはず!

因みに、一円硬貨は「日本国」と書かれた方が表。いつもは裏に乗せて撮影しています。一円硬貨は直径がちょうど2㎝とスケールにはもってこいですが、対象が小さすぎますね。
昆虫にも同じことが言えますが、小さい種類は実はとても数が多いのです。
ルーペや虫眼鏡を持って観察してみると世界がとても広がります。
自宅の庭だけでも一生楽しめるほど世界が広大になります。

和名:チリグモ
学名:Oecobius navus
分類:クモ目 チリグモ科 チリグモ属
撮影日:2021年12月20日
撮影場所:鹿児島県屋久島町長峰

関連記事

  1. ヤギヌマノセマルトラフカニグモ

    【屋久島図鑑】No.18令和4年(2022年)は寅年です。なので…

  2. ヤクシマカクレエビ 屋久島

    ヤクシマカクレエビ

    アワサンゴの仲間であるAlveopora tizardiというサン…

  3. Cybaeus yakushimensis

    【屋久島図鑑】No.11今回の写真は虫やクモが苦手な方には申し訳無…

  4. フタオビミドリトラカミキリ

    【屋久島図鑑】No.1北海道から沖縄、そして小笠原まで見られる、いわ…

  5. 雪の奥岳を歩く鹿

  6. シマタレクチベラ 幼魚 屋久島

    シマタレクチベラ

    体長1cmほど。2020年6月23日一湊にて撮影…

  7. コイソカニムシ

    名前の通り海の近くで見られます。見た目はサソリっぽいですが、かなり…

  8. 緑一色の森

    2013年8月6日に撮影した写真です。もうあれから7年も経つのかと…

PAGE TOP