ネグロシマメイガ

【屋久島図鑑】No.17
今回紹介する虫は、ほぼ世界中で見られます。何故か。

幼虫が食べるものが家の中に保存してあるものだからです。
それはなんと穀物、小麦粉、そしてお菓子です。
所謂、虫が湧く原因の一つです。
人間とは違って水は飲まず、 上記の乾物のみを餌に成長します。
口、パッサパサにならないのかな?喉とか詰まらないのかと思ってしまいます。
幼虫は天敵の少ない室内でスクスク大人になります。

広く人類を困らせているこの蛾ですが、よくよく見てみるとまた違った印象を受けます。
触角は後ろに伸びていて、龍の角の様です。
この蛾を見ているだけでは害虫とは感じませんね。

和名:ネグロシマメイガ
学名:Pyralis pictalis
分類:チョウ目 メイガ科 シマメイガ亜科
撮影日:2021年11‎月‎13‎日
撮影場所:鹿児島県屋久島町長峰

関連記事

  1. 寒緋桜にメジロ

    甘いものが好きなメジロは果実や花の蜜を食べます。この寒緋桜は相当甘…

  2. ウスキツマキリコヤガ

    【屋久島図鑑】No.15名前は浅黄(ウスキ) 色で、翅の端(ツマ)…

  3. ユウレイクラゲとハナビラウオ 屋久島

    ユウレイクラゲとハナビラウオ

    6月に入ると黒潮がぐっと屋久島に接近してくる。黒潮は栄養分の少ない…

  4. ホシガタハラボソコマユバチ

    【屋久島図鑑】No.10大きさ1.5㎝弱、潰れた金平糖のような、…

  5. 白化していくイソギンチャクとクマノミ

  6. スダレヤライシモチ 屋久島

    スダレヤライシモチ

    スダレヤライシモチの口内保育が始まっている。彼らはオスが卵をくわえ…

  7. イソギンチャクモエビ 屋久島

    イソギンチャクモエビ

    イボハタゴイソギンチャクを棲み家にしているイソギンチャクモエビの赤…

  8. 川の中でヤクシマエゾゼミを発見

    淀川登山口から歩き出して50分程度すると淀川小屋にたどり着く。屋久…

PAGE TOP