ネグロシマメイガ

【屋久島図鑑】No.17
今回紹介する虫は、ほぼ世界中で見られます。何故か。

幼虫が食べるものが家の中に保存してあるものだからです。
それはなんと穀物、小麦粉、そしてお菓子です。
所謂、虫が湧く原因の一つです。
人間とは違って水は飲まず、 上記の乾物のみを餌に成長します。
口、パッサパサにならないのかな?喉とか詰まらないのかと思ってしまいます。
幼虫は天敵の少ない室内でスクスク大人になります。

広く人類を困らせているこの蛾ですが、よくよく見てみるとまた違った印象を受けます。
触角は後ろに伸びていて、龍の角の様です。
この蛾を見ているだけでは害虫とは感じませんね。

和名:ネグロシマメイガ
学名:Pyralis pictalis
分類:チョウ目 メイガ科 シマメイガ亜科
撮影日:2021年11‎月‎13‎日
撮影場所:鹿児島県屋久島町長峰

関連記事

  1. ホシススキベラ 幼魚 屋久島

    ホシススキベラ

    体長1.5cmほど2020年6月23日一湊にて撮影…

  2. スダレヤライシモチ 屋久島

    スダレヤライシモチ

    スダレヤライシモチの口内保育が始まっている。彼らはオスが卵をくわえ…

  3. 雪の奥岳を歩く鹿

  4. ウミシダにひそむモンツキベラの幼魚

    写真いっぱいに広がるシダ植物のような容姿をしているのは、ウミシダと…

  5. シャクナゲ咲く山に向かっていく鹿

    ふと振り返ってくれて、素敵な背景で写真が撮れました。シャク…

  6. バイオレットボクサーシュリンプ

    屋久島によくいるオトヒメエビ。写真は、その仲間であるバイオレットボ…

  7. 白化していくイソギンチャクとクマノミ

  8. 森の子猿

    西部の森を探検していると、よく出会うのが猿と鹿。(ヤクザルとヤクシ…

PAGE TOP