ネグロシマメイガ

【屋久島図鑑】No.17
今回紹介する虫は、ほぼ世界中で見られます。何故か。

幼虫が食べるものが家の中に保存してあるものだからです。
それはなんと穀物、小麦粉、そしてお菓子です。
所謂、虫が湧く原因の一つです。
人間とは違って水は飲まず、 上記の乾物のみを餌に成長します。
口、パッサパサにならないのかな?喉とか詰まらないのかと思ってしまいます。
幼虫は天敵の少ない室内でスクスク大人になります。

広く人類を困らせているこの蛾ですが、よくよく見てみるとまた違った印象を受けます。
触角は後ろに伸びていて、龍の角の様です。
この蛾を見ているだけでは害虫とは感じませんね。

和名:ネグロシマメイガ
学名:Pyralis pictalis
分類:チョウ目 メイガ科 シマメイガ亜科
撮影日:2021年11‎月‎13‎日
撮影場所:鹿児島県屋久島町長峰

関連記事

  1. ミナミトゲヘリカメムシ

    【屋久島図鑑】No.19新緑のこの季節、自宅の近…

  2. ハリセンボンの口内を掃除するニセアカホシカクレエ…

    海の中にはクリーニングステーションと呼ばれるスポットがあって、いろ…

  3. シマタレクチベラ 幼魚 屋久島

    シマタレクチベラ

    体長1cmほど。2020年6月23日一湊にて撮影…

  4. シテンヤッコ 屋久島

    シテンヤッコ

    2011年8月22日観音にて撮影…

  5. オオヨツボシゴミムシ

    【屋久島図鑑】No.12地上を徘徊する昆虫です。2㎝程ですがこの虫…

  6. サルを毛繕いするシカ

    高久がサイトの乗っ取りをかけて10枚も一気にアップしてきたので、乗…

  7. ヒレグロコショウダイ 幼魚 屋久島

    ヒレグロコショウダイ

    幼魚  体長約2cm2020年6月23日一湊にて撮影…

  8. ウスキツマキリコヤガ

    【屋久島図鑑】No.15名前は浅黄(ウスキ) 色で、翅の端(ツマ)…

PAGE TOP