ハマダイコン

こんにちは、久しぶりの植物紹介の古賀です。
3月になり、屋久島の里では花が咲き始めています。
今回の植物は「ハマダイコン」
学名: Raphanus sativus L. var. hortensis Backer f. raphanistroides Makino
科名: Brassicaceae(アブラナ科)
海岸や里の道沿いなどで育っている植物。
栽培していたダイコンが野生化した説と元々野生種という説とありますが、遺伝子解析が進み
元々野生種の可能性が高いそうです。
学名のsativusは栽培化されたという意味で、さらに解明されるとつじつまが合わなくなる可能性も。
紫色がきれいな花なのでじっくり見てみてください。

関連記事

  1. イヌガシ

    【屋久島図鑑】No. 6花が無いとシロダモにそっくりです。シロダモ…

  2. アオツリバナ

    2014年11月27日ヤクスギランドにて撮影…

  3. アセビの開花はじまる

    奥岳でまず1番に咲くアセビの開花が始まりました。夏に向けてこれから…

  4. ヒメナベワリ

    【屋久島図鑑】No.9この日は凄い雨で午前中だけでも100㎜を超え…

  5. 雪に包まれてゆく杉の枯木

    Old cedar wrapped in snow…

  6. いつもは隠れている美しさ

    縄文杉の隣に生きるヒメシャラ屋久島の山岳で数少ない落葉樹…

  7. ホンゴウソウ

    2020/8/4こんにちは、植物の時間の古賀です。…

  8. 苔氷

    氷のショーケースのコケたち

    コケやシダの先端に滴る水が、氷柱になり、コケやシダは氷の中に閉じ込められる…

PAGE TOP