ハリセンボンの口内を掃除するニセアカホシカクレエビ

海の中にはクリーニングステーションと呼ばれるスポットがあって、いろいろな魚が体を掃除してもらうためにやってきます。人間の世界では掃除といえば道具や薬品をつかって行いますが、海の中では他の生きものがやってくれます。

気持ちよさそうに口をプカ〜と開けて「おねがいしましまーす」とでも言ってるかのよう。一見、食べられてしまいそうですが口の中を掃除してもらっている間は、口を閉じることはなく、いつでもエビが外に出れるように安心な環境をつくっているように思えます。生きもの同士のこんな関わり合いに出会えるのはなんともうれしいものです。

ちなみに、自分も口を近づけてみました。ヒゲ周りはチクチクとやってくれましたが口の中までは入ってきてはくれませんでした。君は海の生きものじゃないからダメ〜っていわれた感じで、少々寂しさを感じてしまいました。笑 

ハリセンボンの後に他の魚もやってきたので、次回はその写真を紹介したいと思います。

関連記事

  1. スダレヤライシモチ 屋久島

    スダレヤライシモチ

    スダレヤライシモチの口内保育が始まっている。彼らはオスが卵をくわえ…

  2. ヤクシカ 屋久島 鹿

    ガジュマルの鹿

     木漏れ日を背にガジュマルの根に包まれるように鎮座している…

  3. シマギンポに恋の季節到来

    屋久島のタイドプールにはさまざまなギンポたちが生息しています。ギン…

  4. バイオレットボクサーシュリンプ

    屋久島によくいるオトヒメエビ。写真は、その仲間であるバイオレットボ…

  5. バラハタ 若魚 屋久島

    バラハタ

    若魚2020年6月15日一湊にて撮影…

  6. ヤマトヒバリ

    【屋久島図鑑】No.4寝る前にお茶を1杯と思い台所に立ったら、ヤマ…

  7. フタオビミドリトラカミキリ

    【屋久島図鑑】No.1北海道から沖縄、そして小笠原まで見られる、いわ…

  8. ミナミハコフグ 屋久島

    ミナミハコフグ

    幼魚の特徴である黒点模様は成魚になるにつれて崩れ形と色が変化してい…

PAGE TOP