ハリセンボンの口内を掃除するニセアカホシカクレエビ

海の中にはクリーニングステーションと呼ばれるスポットがあって、いろいろな魚が体を掃除してもらうためにやってきます。人間の世界では掃除といえば道具や薬品をつかって行いますが、海の中では他の生きものがやってくれます。

気持ちよさそうに口をプカ〜と開けて「おねがいしましまーす」とでも言ってるかのよう。一見、食べられてしまいそうですが口の中を掃除してもらっている間は、口を閉じることはなく、いつでもエビが外に出れるように安心な環境をつくっているように思えます。生きもの同士のこんな関わり合いに出会えるのはなんともうれしいものです。

ちなみに、自分も口を近づけてみました。ヒゲ周りはチクチクとやってくれましたが口の中までは入ってきてはくれませんでした。君は海の生きものじゃないからダメ〜っていわれた感じで、少々寂しさを感じてしまいました。笑 

ハリセンボンの後に他の魚もやってきたので、次回はその写真を紹介したいと思います。

関連記事

  1. 緑一色の森

    2013年8月6日に撮影した写真です。もうあれから7年も経つのかと…

  2. タコを捕食するアオウミガメ

    詳しい状況は動画でどうぞ。…

  3. ロウソクギンポ 屋久島

    潮だまり水深2cmの神秘

    2012年、第29回全日本写真連盟「いつまでも守り続けたい 日本の…

  4. ロウソクギンポ 屋久島

    ロウソクギンポ

    ロウソクギンポ の繁殖行動が始まっています。体全身をオスは婚姻色と…

  5. ヤクザルの赤ちゃん

    毎年、春になるとヤクザルの母たちは子を産みはじめます。ミーミーと可…

  6. フタオビミドリトラカミキリ

    【屋久島図鑑】No.1北海道から沖縄、そして小笠原まで見られる、いわ…

  7. ユウレイクラゲとハナビラウオ 屋久島

    ユウレイクラゲとハナビラウオ

    6月に入ると黒潮がぐっと屋久島に接近してくる。黒潮は栄養分の少ない…

  8. ヤクシマナガゴミムシ

    【屋久島図鑑】No.5宮之浦岳から永田岳に向かうとき一度下って、…

PAGE TOP