バイオレットボクサーシュリンプ

屋久島によくいるオトヒメエビ。写真は、その仲間であるバイオレットボクサーシュリンプというエビです。和名がありません。屋久島で会えたら呼吸困難になってパニックになってしまうほど感激してしまう珍種です。

クリーナシュリンプとも呼ばれ、海の掃除屋さんの一面をもっています。魚にとっては体や口内にまとわりついた寄生虫を食べて掃除してくれる存在。バイオレットボクサーシュリンプにとっては、魚たちは餌を提供してくれるありがたい存在。その予備知識を知ると、ウツボのこの表情がとたんに、ユニークに思えるから不思議です。

2013年7月4日一湊にて撮影

関連記事

  1. ウミシダにひそむモンツキベラの幼魚

    写真いっぱいに広がるシダ植物のような容姿をしているのは、ウミシダと…

  2. ヤクザルの赤ちゃん

    毎年、春になるとヤクザルの母たちは子を産みはじめます。ミーミーと可…

  3. シャクナゲ咲く山に向かっていく鹿

    ふと振り返ってくれて、素敵な背景で写真が撮れました。シャク…

  4. オオヨツボシゴミムシ

    【屋久島図鑑】No.12地上を徘徊する昆虫です。2㎝程ですがこの虫…

  5. ハヤブサがアマサギを捕食

    晴天続きで梅雨が明けそうな屋久島でドラマチックなシーンに出…

  6. ルイスオオゴミムシ

    【屋久島図鑑】No.21家の畑の土を耕しているときに出…

  7. スダレヤライシモチ 屋久島

    スダレヤライシモチ

    スダレヤライシモチの口内保育が始まっている。彼らはオスが卵をくわえ…

  8. 曲がった角をはやすヤクシカ

    https://youtu.be/AsNzPwxw-Bg…

PAGE TOP