ヒメウマノミツバ

ヒメウマノミツバ
Apiaceae(セリ科)
学名: Sanicula lamelligera Hance

春が進んでいくと足元に控えめに咲いている花。
トロッコ道沿いにもありますが、ほとんどの登山者は気づかずに過ぎていく。
他の地域だと20cmくらいの高さのものもあるが、屋久島の場合は高さ2,3cmくらいの小さいものが多い。シカから逃れるため矮小化している可能性もある。

関連記事

  1. トサムラサキ

    2022/7/152022/12/19学名:Cal…

  2. ヒメカカラ

    2022/5/3 雄花2021/5/3 雌花 学名:Smi…

  3. ヤクシマトンボまたはアマミトンボ

    2021/5/14 今回はまだ分かっていないことが多いアマミトンボ…

  4. 忘れた頃に思い出す

    2020/5/291週間に1回の植物紹介の時間の古賀です。…

  5. いつもは隠れている美しさ

    縄文杉の隣に生きるヒメシャラ屋久島の山岳で数少ない落葉樹…

  6. ヤマヒハツ

    2022/6/20 雄花雌花学名:Antidesm…

  7. ダルマエビネ

    2021/6/14ダルマエビネ 学名:Calanthe a…

  8. ヤクシマシャクナゲの開花始まる

    屋久島の山岳部に自生する小ぶりなヤクシマシャクナゲ。中間集落の神様…

PAGE TOP