ヒメウマノミツバ

ヒメウマノミツバ
Apiaceae(セリ科)
学名: Sanicula lamelligera Hance

春が進んでいくと足元に控えめに咲いている花。
トロッコ道沿いにもありますが、ほとんどの登山者は気づかずに過ぎていく。
他の地域だと20cmくらいの高さのものもあるが、屋久島の場合は高さ2,3cmくらいの小さいものが多い。シカから逃れるため矮小化している可能性もある。

関連記事

  1. チャボ〇〇です

    2020/5/291週間に1回の植物紹介の時間の古賀です。…

  2. 古木を飾る月

    島の高い山峰に向かえば向かうほど風は強くそして冷たくなっていきます…

  3. 風神杉

  4. シダの世界へ

    2020/6/24緑色の根茎冬緑性植物紹介の時間。…

  5. 森の妖精たち

    Yakushima film 笹川です。メンバーの古賀さんの投稿に触発され…

  6. 苔氷

    氷のショーケースのコケたち

    コケやシダの先端に滴る水が、氷柱になり、コケやシダは氷の中に閉じ込められる…

  7. チケイラン

    「チケイラン」 やる気スイッチ入ってきた、植物の時間の古賀です。 今回は「…

  8. クワイバカンアオイ

    2021/01/02こんにちは、今年も引き続き、植物の時間…

PAGE TOP