ヒメナベワリ

【屋久島図鑑】No.9
この日は凄い雨で午前中だけでも100㎜を超える降水量を小瀬田の観測所で記録中でした。
午後雨も上り、用事のついでにちょっと花の様子でもと、行ってみると既に咲いていてビックリ。例年より10日ほど早い開花でした。
このヒメナベワリが生える環境は沢沿い岩場でしたが、撮影時には沢の流量はすっかり落ち着いていました。

花は小さく茎より垂れ下がるので、気付かれに難く見過ごされがちな花です。
午前中の雨のお陰で水滴の付いた屋久島っぽい一枚になりました。

和名:ヒメナベワリ
学名:Croomia japonica
分類:タコノキ目 ビャクブ科 ナベワリ属
撮影日:‎2021‎年‎3‎月‎28‎日
撮影場所:鹿児島県屋久島町ヤクスギランド線

関連記事

  1. イヌガシ

    【屋久島図鑑】No. 6花が無いとシロダモにそっくりです。シロダモ…

  2. アオツリバナ

    2014年11月27日ヤクスギランドにて撮影…

  3. アセビの開花はじまる

    奥岳でまず1番に咲くアセビの開花が始まりました。夏に向けてこれから…

  4. オキナワチドリ

    こんにちは、屋久島フィルムの古賀です。春の屋久島、いろんな…

  5. 雪に包まれてゆく杉の枯木

    Old cedar wrapped in snow…

  6. いつもは隠れている美しさ

    縄文杉の隣に生きるヒメシャラ屋久島の山岳で数少ない落葉樹…

  7. ホンゴウソウ

    2020/8/4こんにちは、植物の時間の古賀です。…

  8. 苔氷

    氷のショーケースのコケたち

    コケやシダの先端に滴る水が、氷柱になり、コケやシダは氷の中に閉じ込められる…

PAGE TOP