ヒメフタバラン

2022/1/18

和名:  ヒメフタバラン
学名: Neottia japonica (Blume) Szlach.
科名: Orchidaceae(ラン科)
屋久島で普通に見ることが出来るラン。海岸の森から1000m以上の森まで幅広く分布。海岸では1月下旬に咲くが、1000m付近では5月に咲く。
屋久島には近い仲間で、フイリヒメフタバラン、アオフタバランがある。

関連記事

  1. アリモリソウ

    2022/1/3学名: Codonacanthus…

  2. ムラサキムカシヨモギ

    2021/10/9学名: Cyanthillium cin…

  3. ヤクシマグミ

    2021/8/12022/6/9 両性花、雌しべがはっきりしている…

  4. コキンバイザサ

    2022/4/28 学名:Hypoxis aurea Lo…

  5. ヤクシマアセビが咲き乱れる奥岳

    ヤクシマアセビと栗生岳ヤクシマアセビの花ヤクシマアセビと宮…

  6. ハマサルトリイバラ

    2022/4/25雄花雄花雌花雌花…

  7. ミドリムヨウラン

    ミドリムヨウラン科名: Orchidaceae(ラン科)学名: Lec…

  8. チケイラン

    「チケイラン」 やる気スイッチ入ってきた、植物の時間の古賀です。 今回は「…

PAGE TOP