フタオビミドリトラカミキリ

【屋久島図鑑】No.1
北海道から沖縄、そして小笠原まで見られる、いわゆる普通種です。
それでも屋久島自然を構成する立派なメンバーです。
名前にフタオビとある通り2本の黒い帯が目立ちますが、ほとんど消失する個体もいます。
大きさは9㎜~15㎜ほど雌の方が大きいです。

雌が雄を背負ってます。

和名:フタオビミドリトラカミキリ
学名:Chlorophorus muscosus
分類:コウチュウ目 カミキリムシ科 カミキリ亜科 クロトラカミキリ属
撮影日:‎2020‎年‎6‎月‎5‎日
撮影場所:鹿児島県屋久島町長峰集落

関連記事

  1. オオヒシクイ

    オオヒシクイは国の天然記念物に指定され亜寒帯の針葉樹林(タイガ)で…

  2. ホシガタハラボソコマユバチ

    【屋久島図鑑】No.10大きさ1.5㎝弱、潰れた金平糖のような、…

  3. 小雨ふる照葉の森で

    何年か前に雨の時に撮った写真です今日の屋久島は久しぶりにま…

  4. こんにちは、象虫くん

    ヒラヤマナガメゾウムシ(屋久島にて) 我が家に訪れる珍客が日に日…

  5. ルイスオオゴミムシ

    【屋久島図鑑】No.21家の畑の土を耕しているときに出…

  6. マルスズメダイ

    ●幼魚ステージこの時期になると幼魚が現れはじめる。体長1.…

  7. ヤクシマカクレエビ 屋久島

    ヤクシマカクレエビ

    アワサンゴの仲間であるAlveopora tizardiというサン…

  8. ヤクシマナガゴミムシ

    【屋久島図鑑】No.5宮之浦岳から永田岳に向かうとき一度下って、…

PAGE TOP