フタオビミドリトラカミキリ

【屋久島図鑑】No.1
北海道から沖縄、そして小笠原まで見られる、いわゆる普通種です。
それでも屋久島自然を構成する立派なメンバーです。
名前にフタオビとある通り2本の黒い帯が目立ちますが、ほとんど消失する個体もいます。
大きさは9㎜~15㎜ほど雌の方が大きいです。

雌が雄を背負ってます。

和名:フタオビミドリトラカミキリ
学名:Chlorophorus muscosus
分類:コウチュウ目 カミキリムシ科 カミキリ亜科 クロトラカミキリ属
撮影日:‎2020‎年‎6‎月‎5‎日
撮影場所:鹿児島県屋久島町長峰集落

関連記事

  1. ホシガタハラボソコマユバチ

    【屋久島図鑑】No.10大きさ1.5㎝弱、潰れた金平糖のような、…

  2. 海洋ゴミをすみかにするオオモンカエルアンコウ

    Commerson's frogfish that makes m…

  3. ロウソクギンポ 屋久島

    ロウソクギンポ

    ロウソクギンポ の繁殖行動が始まっています。体全身をオスは婚姻色と…

  4. 曲がった角をはやすヤクシカ

    https://youtu.be/AsNzPwxw-Bg…

  5. ミゾヤギにひそむガラスハゼ

    Whip coral goby hidden in Junceel…

  6. コンペイトウウミウシとウミウシカクレエビ

  7. 白化していくイソギンチャクとクマノミ

  8. ロウソクギンポ 屋久島

    潮だまり水深2cmの神秘

    2012年、第29回全日本写真連盟「いつまでも守り続けたい 日本の…

PAGE TOP