ベニイカリモンガ

【屋久島図鑑】No.2
良く聞く虫の豆知識に「蝶は 翅(はね)を閉じて留まり、蛾は翅を開いて留まる。」と言う話があります。
大体はそれで見分けることができます。が、例外もあります。
この写真のベニイカリモンガがそれです。

因みに、蝶と蛾の区別は分類学的にあまり意味がありません。
強いて言えば、チョウ目と言う大きなグループの一部のグループ(アゲハチョウ上科、セセリチョウ上科)のみが蝶であり、他は蛾になります。
※シャクガモドキ科と言うグループも蝶とする見解もあります。

日本の蛾は約8000種、日本の蝶は約260種と圧倒的に蛾が多いのです。
※私が子供の頃、日本の蛾は約6000種と言われていました。今後もっと増えると思われます。

名前について。
本種に近縁な種類にイカリモンガがいます。
この蛾には船の錨(いかり)のような模様があります。
本種はイカリモンガよりちょっと赤みが強いので「ベニ」と名前に付きます。
日本にはイカリモンガ科はこの2種のみ、ちょっぴり寂しいグループです。
どちらも翅は閉じて留まります。

和名:ベニイカリモンガ
学名:Callidula attenuata
分類:チョウ目 イカリモンガ科 イカリモンガ亜科
撮影日:‎2020‎年‎6‎月‎26‎日
撮影場所:鹿児島県屋久島町平内集落

関連記事

  1. 福の鳥にばったり☆

    こんにちは。福留です。夜にフクロウのような鳴き声を聞いたことはあっ…

  2. のどかな食事風景

    広大な花之江河でどうしてそんなに密に...極上の草がはえて…

  3. コイソカニムシ

    名前の通り海の近くで見られます。見た目はサソリっぽいですが、かなり…

  4. アカツリアブモドキ

    【屋久島図鑑】No.13愛子岳を登っていると毛がモッサモサのハエが…

  5. ロウソクギンポ 屋久島

    潮だまり水深2cmの神秘

    2012年、第29回全日本写真連盟「いつまでも守り続けたい 日本の…

  6. Psammoecus scitus

    【屋久島図鑑】No.3「んー。あなたはだぁれ?」と、心の中で呟き…

  7. ヤクザルの赤ちゃん

    毎年、春になるとヤクザルの母たちは子を産みはじめます。ミーミーと可…

  8. ミスジハエトリ

    【屋久島図鑑】No.14 家屋内でも見られるクモである。この様に簡…

PAGE TOP