ホシガタハラボソコマユバチ

【屋久島図鑑】No.10
大きさ1.5㎝弱、潰れた金平糖のような、小さなドリアンのような。
この不思議な物体はコマユバチと言う寄生蜂の仲間の繭の集まり。
名前は「ホシガタハラボソコマユバチ」、この2021年の秋に名前が付いたばかりのほやほやの新種です。

トゲトゲの一つ一つからハチが羽化して出てきます。

こちらは雌のハチ。

こちらは雄。一円玉に乗せて。

友人の庭に居たのを提供していただきま した。
去年は私の家の庭にもいましたので、秋に屋久島の里で探してみると見つかるかも知れません。

和名:ホシガタハラボソコマユバチ
学名:Meteorus stellatus
分類:ハチ目 コマユバチ科 ハラボソコマユバチ亜科
撮影日:2021‎年‎11月‎‎3日
撮影場所:鹿児島県屋久島町永久保

参照:Stars in subtropical Japan: a new gregarious Meteorus species (Hymenoptera, Braconidae, Euphorinae) constructs enigmatic star-shaped pendulous communal cocoons

関連記事

  1. オオヒシクイ

    オオヒシクイは国の天然記念物に指定され亜寒帯の針葉樹林(タイガ)で…

  2. コンペイトウウミウシとウミウシカクレエビ

  3. 海洋ゴミをすみかにするオオモンカエルアンコウ

    Commerson's frogfish that makes m…

  4. ホシススキベラ 幼魚 屋久島

    ホシススキベラ

    体長1.5cmほど2020年6月23日一湊にて撮影…

  5. ルイスオオゴミムシ

    【屋久島図鑑】No.21家の畑の土を耕しているときに出…

  6. マルスズメダイ

    ●幼魚ステージこの時期になると幼魚が現れはじめる。体長1.…

  7. フタオビミドリトラカミキリ

    【屋久島図鑑】No.1北海道から沖縄、そして小笠原まで見られる、いわ…

  8. ロウソクギンポ 屋久島

    ロウソクギンポ

    ロウソクギンポ の繁殖行動が始まっています。体全身をオスは婚姻色と…

PAGE TOP