ホシガタハラボソコマユバチ

【屋久島図鑑】No.10
大きさ1.5㎝弱、潰れた金平糖のような、小さなドリアンのような。
この不思議な物体はコマユバチと言う寄生蜂の仲間の繭の集まり。
名前は「ホシガタハラボソコマユバチ」、この2021年の秋に名前が付いたばかりのほやほやの新種です。

トゲトゲの一つ一つからハチが羽化して出てきます。

こちらは雌のハチ。

こちらは雄。一円玉に乗せて。

友人の庭に居たのを提供していただきま した。
去年は私の家の庭にもいましたので、秋に屋久島の里で探してみると見つかるかも知れません。

和名:ホシガタハラボソコマユバチ
学名:Meteorus stellatus
分類:ハチ目 コマユバチ科 ハラボソコマユバチ亜科
撮影日:2021‎年‎11月‎‎3日
撮影場所:鹿児島県屋久島町永久保

参照:Stars in subtropical Japan: a new gregarious Meteorus species (Hymenoptera, Braconidae, Euphorinae) constructs enigmatic star-shaped pendulous communal cocoons

関連記事

  1. コンペイトウウミウシとウミウシカクレエビ

  2. 雪の奥岳を歩く鹿

  3. バイオレットボクサーシュリンプ

    屋久島によくいるオトヒメエビ。写真は、その仲間であるバイオレットボ…

  4. タコを捕食するアオウミガメ

    詳しい状況は動画でどうぞ。…

  5. 寒緋桜にメジロ

    甘いものが好きなメジロは果実や花の蜜を食べます。この寒緋桜は相当甘…

  6. 泳ぐハダカハオコゼ

  7. マダラトビエイ

  8. ロウソクギンポ 屋久島

    潮だまり水深2cmの神秘

    2012年、第29回全日本写真連盟「いつまでも守り続けたい 日本の…

PAGE TOP