ミスジハエトリ

【屋久島図鑑】No.14
家屋内でも見られるクモである。
この様に簡単に見られる生き物は「ド普通種」などと呼ばれて普通見向きもされない。
ただ、今回はちょっと状況が違います。
このミスジハエトリは屋久島で今まで見つかったことが無く、これが初記録となります。
北海道から沖縄まで見つかっており、屋久島周辺でも鹿児島本土、種子島、トカラ列島の中之島、諏訪之瀬島、宝島でも記録がある。なので、居ても当然といった感じではあります。

逆に、ミヤマカラスアゲハと言うチョウは屋久島周辺で記録があるが屋久島では見つかっていない。
見られないのは何らかの理由があるに違いない。
今回のミスジハエトリはもともと居たのか、何らかの理由で屋久島に住めるようになったのか、今は分からない。
身近な生き物でもシッカリ調べて見ると思わぬ発見があるかもしれません。

1円玉と比較すると小さいことが分かります。
ハエトリグモの仲間はこのように眼が大きく、可愛らしい見た目で人気があるクモです。日本には100種類以上が見られます。
まだまだ未解明なところもあります。是非、探してみてください。

和名:ミスジハエトリ
学名:Plexippus setipes
分類:クモ目 ハエトリグモ科 スジハエトリグモ属
撮影日:2021年12月15日
撮影場所:鹿児島県屋久島町長峰

関連記事

  1. マルスズメダイ

    ●幼魚ステージこの時期になると幼魚が現れはじめる。体長1.…

  2. こんにちは、象虫くん

    ヒラヤマナガメゾウムシ(屋久島にて) 我が家に訪れる珍客が日に日…

  3. 雨宿り

    2013/6/3最近は植物の写真ばかりアップしていたので、たまには…

  4. 草むらの命

    松田です。梅雨真っ盛りのなか雨の写真を撮りに行きたいのです…

  5. 森の子猿

    西部の森を探検していると、よく出会うのが猿と鹿。(ヤクザルとヤクシ…

  6. セイタカシギ(背高鷸)

    椨川集落の棚田に、水が入りはじめました。島の南部ではもう田植えが終…

  7. 卵をのむアオダイショウ

    アオダイショウの教え

    毎年、我が家の鶏小屋にやってくるアオダイショウ。今年もアミをこじ開…

  8. オラウータンクラブ

    ナガレハナサンゴを棲み家にするオラウータンクラブ。赤茶の毛をはやし…

PAGE TOP