ミナミハコフグ

ミナミハコフグ 屋久島

幼魚の特徴である黒点模様は成魚になるにつれて崩れ形と色が変化していく。この黒点は瞳と同じ大きさで一見、どこに目があるかわからない。このことで、敵に捕食されにくくしていると言われることがあるが、真相はいかに。実際、目が合うとすぐは逃げず、ゆっくりと回転したり、後ろを向きつつ目だけはこっちをみていたり。何かを演じているように見える。

僕は魚じゃありませんよー

とでも表現してるのかな。笑

危険が迫ると皮膚から粘液毒を放出する。

2020年7月12日 矢筈神社下で撮影

関連記事

  1. Cybaeus yakushimensis

    【屋久島図鑑】No.11今回の写真は虫やクモが苦手な方には申し訳無…

  2. 雪の奥岳を歩く鹿

  3. 曲がった角をはやすヤクシカ

    https://youtu.be/AsNzPwxw-Bg…

  4. Psammoecus scitus

    【屋久島図鑑】No.3「んー。あなたはだぁれ?」と、心の中で呟き…

  5. こんにちは、象虫くん

    ヒラヤマナガメゾウムシ(屋久島にて) 我が家に訪れる珍客が日に日…

  6. 海を飛ぶアカウミガメ

    この季節、アカウミガメのオスがメスを求めてか海の中でウロウロしてい…

  7. 戦闘機を棲み家にする魚たち

    Fishes living around a sunken fig…

  8. コブシメ

PAGE TOP