ミナミハコフグ

ミナミハコフグ 屋久島

幼魚の特徴である黒点模様は成魚になるにつれて崩れ形と色が変化していく。この黒点は瞳と同じ大きさで一見、どこに目があるかわからない。このことで、敵に捕食されにくくしていると言われることがあるが、真相はいかに。実際、目が合うとすぐは逃げず、ゆっくりと回転したり、後ろを向きつつ目だけはこっちをみていたり。何かを演じているように見える。

僕は魚じゃありませんよー

とでも表現してるのかな。笑

危険が迫ると皮膚から粘液毒を放出する。

2020年7月12日 矢筈神社下で撮影

関連記事

  1. ホシススキベラ 幼魚 屋久島

    ホシススキベラ

    体長1.5cmほど2020年6月23日一湊にて撮影…

  2. 美声の主、コマドリ☆

    はじめまして。福留千穂です。このたび、yakushima …

  3. 海洋ゴミをすみかにするオオモンカエルアンコウ

    Commerson's frogfish that makes m…

  4. タコを捕食するアオウミガメ

    詳しい状況は動画でどうぞ。…

  5. 卵をのむアオダイショウ

    アオダイショウの教え

    毎年、我が家の鶏小屋にやってくるアオダイショウ。今年もアミをこじ開…

  6. バイオレットボクサーシュリンプ

    屋久島によくいるオトヒメエビ。写真は、その仲間であるバイオレットボ…

  7. ユウレイクラゲとハナビラウオ 屋久島

    ユウレイクラゲとハナビラウオ

    6月に入ると黒潮がぐっと屋久島に接近してくる。黒潮は栄養分の少ない…

  8. アカウミガメの産卵はじまる

    屋久島が日本で初めて世界自然遺産に登録された1993年以来、これほ…

PAGE TOP