ミナミハコフグ

ミナミハコフグ 屋久島

幼魚の特徴である黒点模様は成魚になるにつれて崩れ形と色が変化していく。この黒点は瞳と同じ大きさで一見、どこに目があるかわからない。このことで、敵に捕食されにくくしていると言われることがあるが、真相はいかに。実際、目が合うとすぐは逃げず、ゆっくりと回転したり、後ろを向きつつ目だけはこっちをみていたり。何かを演じているように見える。

僕は魚じゃありませんよー

とでも表現してるのかな。笑

危険が迫ると皮膚から粘液毒を放出する。

2020年7月12日 矢筈神社下で撮影

関連記事

  1. ヤクシマザル 屋久島 頬袋 Macaca fuscata yakui

    頬袋に木の実を

    子猿が続々と生まれて森が陽気になってきている。猿も人も、赤ちゃんは…

  2. ヤクシマカクレエビ 屋久島

    ヤクシマカクレエビ

    アワサンゴの仲間であるAlveopora tizardiというサン…

  3. オオヒシクイ

    オオヒシクイは国の天然記念物に指定され亜寒帯の針葉樹林(タイガ)で…

  4. オオヨツボシゴミムシ

    【屋久島図鑑】No.12地上を徘徊する昆虫です。2㎝程ですがこの虫…

  5. ヤクシマガケジグモ

    【屋久島図鑑】No.25屋久島で発見され、2010年に新種となった…

  6. サルを毛繕いするシカ

    高久がサイトの乗っ取りをかけて10枚も一気にアップしてきたので、乗…

  7. シマタレクチベラ 幼魚 屋久島

    シマタレクチベラ

    体長1cmほど。2020年6月23日一湊にて撮影…

  8. イソギンチャクモエビ 屋久島

    イソギンチャクモエビ

    イボハタゴイソギンチャクを棲み家にしているイソギンチャクモエビの赤…

PAGE TOP