ミナミハコフグ

ミナミハコフグ 屋久島

幼魚の特徴である黒点模様は成魚になるにつれて崩れ形と色が変化していく。この黒点は瞳と同じ大きさで一見、どこに目があるかわからない。このことで、敵に捕食されにくくしていると言われることがあるが、真相はいかに。実際、目が合うとすぐは逃げず、ゆっくりと回転したり、後ろを向きつつ目だけはこっちをみていたり。何かを演じているように見える。

僕は魚じゃありませんよー

とでも表現してるのかな。笑

危険が迫ると皮膚から粘液毒を放出する。

2020年7月12日 矢筈神社下で撮影

関連記事

  1. 海を飛ぶアカウミガメ

    この季節、アカウミガメのオスがメスを求めてか海の中でウロウロしてい…

  2. ヤクシマザル 屋久島 頬袋 Macaca fuscata yakui

    頬袋に木の実を

    子猿が続々と生まれて森が陽気になってきている。猿も人も、赤ちゃんは…

  3. 雨宿り

    2013/6/3最近は植物の写真ばかりアップしていたので、たまには…

  4. ヤクザルの赤ちゃん

    毎年、春になるとヤクザルの母たちは子を産みはじめます。ミーミーと可…

  5. アマミスズメダイ

    体長2cmほど。2020年6月15日一湊にて撮影…

  6. ヤクシカ 屋久島 鹿

    ガジュマルの鹿

     木漏れ日を背にガジュマルの根に包まれるように鎮座している…

  7. 卵をのむアオダイショウ

    アオダイショウの教え

    毎年、我が家の鶏小屋にやってくるアオダイショウ。今年もアミをこじ開…

  8. ユウレイクラゲとハナビラウオ 屋久島

    ユウレイクラゲとハナビラウオ

    6月に入ると黒潮がぐっと屋久島に接近してくる。黒潮は栄養分の少ない…

PAGE TOP