ヤクザルの赤ちゃん

屋久島 ヤクザル 猿

毎年、春になるとヤクザルの母たちは子を産みはじめます。ミーミーと可愛げな声が森に混じりこむと、照葉樹林の新芽の鮮やかさも相まって、何とも晴々とした気持ちにさせてくれます。春の森は幸せいっぱいです。

「なんだ、あの生きものは?」

びっくりした表情で、赤ちゃんがこちらを凝視してきました。生まれて初めて出会った人間がもしかすると僕だったのかもしれません。目に映るものすべてが初めて。きっと感動的な日々を送っているのでしょう。いい目してました。

繰り返される季節と繰り返される里の営みに埋没していく忘れていきたくない感覚を思い出させてくれました。

関連記事

  1. イソギンチャクモエビ 屋久島

    イソギンチャクモエビ

    イボハタゴイソギンチャクを棲み家にしているイソギンチャクモエビの赤…

  2. 寒緋桜にメジロ

    甘いものが好きなメジロは果実や花の蜜を食べます。この寒緋桜は相当甘…

  3. 白化していくイソギンチャクとクマノミ

  4. 縄文杉と鹿

  5. 梅雨の屋久島

    今年は例年よりも早く梅雨入りした屋久島です。梅雨時期は雨も多く、白…

  6. 霧氷を纏ったヒメシャラ

    Stewartia monadelpha wearing hoar…

  7. マルスズメダイ

    ●幼魚ステージこの時期になると幼魚が現れはじめる。体長1.…

  8. ヤクシマガケジグモ

    【屋久島図鑑】No.25屋久島で発見され、2010年に新種となった…

PAGE TOP