ヤクザルの赤ちゃん

屋久島 ヤクザル 猿

毎年、春になるとヤクザルの母たちは子を産みはじめます。ミーミーと可愛げな声が森に混じりこむと、照葉樹林の新芽の鮮やかさも相まって、何とも晴々とした気持ちにさせてくれます。春の森は幸せいっぱいです。

「なんだ、あの生きものは?」

びっくりした表情で、赤ちゃんがこちらを凝視してきました。生まれて初めて出会った人間がもしかすると僕だったのかもしれません。目に映るものすべてが初めて。きっと感動的な日々を送っているのでしょう。いい目してました。

繰り返される季節と繰り返される里の営みに埋没していく忘れていきたくない感覚を思い出させてくれました。

関連記事

  1. アマミスズメダイ

    体長2cmほど。2020年6月15日一湊にて撮影…

  2. 記憶

    前回の投稿『奇跡のような日常』でご紹介したのと同じ川です。…

  3. 福の鳥にばったり☆

    こんにちは。福留です。夜にフクロウのような鳴き声を聞いたことはあっ…

  4. ヤクシマザル 屋久島 頬袋 Macaca fuscata yakui

    頬袋に木の実を

    子猿が続々と生まれて森が陽気になってきている。猿も人も、赤ちゃんは…

  5. オラウータンクラブ

    ナガレハナサンゴを棲み家にするオラウータンクラブ。赤茶の毛をはやし…

  6. サルを毛繕いするシカ

    高久がサイトの乗っ取りをかけて10枚も一気にアップしてきたので、乗…

  7. ヒレンジャク

    ヒレンジャク来ました!!宮之浦メインストリートの電線に7〜…

  8. ヤクシカ 屋久島 鹿

    ガジュマルの鹿

     木漏れ日を背にガジュマルの根に包まれるように鎮座している…

PAGE TOP