ヤクザルの赤ちゃん

屋久島 ヤクザル 猿

毎年、春になるとヤクザルの母たちは子を産みはじめます。ミーミーと可愛げな声が森に混じりこむと、照葉樹林の新芽の鮮やかさも相まって、何とも晴々とした気持ちにさせてくれます。春の森は幸せいっぱいです。

「なんだ、あの生きものは?」

びっくりした表情で、赤ちゃんがこちらを凝視してきました。生まれて初めて出会った人間がもしかすると僕だったのかもしれません。目に映るものすべてが初めて。きっと感動的な日々を送っているのでしょう。いい目してました。

繰り返される季節と繰り返される里の営みに埋没していく忘れていきたくない感覚を思い出させてくれました。

関連記事

  1. ヤクシマナガゴミムシ

    【屋久島図鑑】No.5宮之浦岳から永田岳に向かうとき一度下って、…

  2. セイタカシギ(背高鷸)

    椨川集落の棚田に、水が入りはじめました。島の南部ではもう田植えが終…

  3. マムシ

    会いたかったけどなかなか会えないマムシ。蛇の眼差しはけっこう好きで…

  4. ガジュマルお爺さんと少女

     ゼロ歳の時からずっと一緒に遊んでもらったガジュマルお爺さんどんな…

  5. マダラトビエイ

  6. オラウータンクラブ

    ナガレハナサンゴを棲み家にするオラウータンクラブ。赤茶の毛をはやし…

  7. 小雨ふる照葉の森で

    何年か前に雨の時に撮った写真です今日の屋久島は久しぶりにま…

  8. オオヒシクイ

    オオヒシクイは国の天然記念物に指定され亜寒帯の針葉樹林(タイガ)で…

PAGE TOP