ヤクシマガケジグモ

【屋久島図鑑】No.25
屋久島で発見され、2010年に新種となったクモです。
屋久島固有種と思われて来ましたが、種子島にもいるようです。
それでも分布が限られる非常に希少なクモには違いありません。

今回は地面の石の下から見つかりましたが、
どのような生態なのか、どんな餌を食べているかは全く分かりません。
生きている写真もたぶんこれが唯一かと思います。

体は5㎜ほど、脚を伸ばしても1円玉に収まる程度です。
たぶん、気が付く人も、興味を持つ人もほとんどいないであろうからココで紹介しようと思います。

屋久島は巨大なスギばかり注目されがちですが、巨大なスギを育むに至った特異な環境は他では見られない生命も育みました。
一見して分かる巨大な魅力の足元には、這いつくばってやっと見つけることができる魅力があります。
まぁ、これが魅力的に感じるようになると屋久島中毒もいよいよ最終段階かも知れませんが。

私は見つけるのに9年かかりました。

瞬間、瞳孔がやや散大したように感じた。
まだ見ぬ屋久島の魅力はまだまだある。

和名:ヤクシマガケジグモ♀
学名:Callobius yakushimensis
分類:クモ目 ガケジグモ科 エゾガケジグモ属
撮影日:2022年8月30‎日
発見場所:鹿児島県屋久島町麦生

関連記事

  1. フタオビミドリトラカミキリ

    【屋久島図鑑】No.1北海道から沖縄、そして小笠原まで見られる、いわ…

  2. ウミシダにひそむモンツキベラの幼魚

    写真いっぱいに広がるシダ植物のような容姿をしているのは、ウミシダと…

  3. 緑一色の森

    2013年8月6日に撮影した写真です。もうあれから7年も経つのかと…

  4. イソギンチャクモエビ 屋久島

    イソギンチャクモエビ

    イボハタゴイソギンチャクを棲み家にしているイソギンチャクモエビの赤…

  5. 雪の奥岳を歩く鹿

  6. オオヒシクイ

    オオヒシクイは国の天然記念物に指定され亜寒帯の針葉樹林(タイガ)で…

  7. ヤギヌマノセマルトラフカニグモ

    【屋久島図鑑】No.18令和4年(2022年)は寅年です。なので…

  8. Cybaeus yakushimensis

    【屋久島図鑑】No.11今回の写真は虫やクモが苦手な方には申し訳無…

PAGE TOP