ヤクシマグミ

2021/8/1
2022/6/9 両性花、雌しべがはっきりしている個体
雄花

学名:Elaeagnus yakusimensis Masam.
和名:ヤクシマグミ
科名: APG: Elaeagnaceae(グミ科);エングラー: Elaeagnaceae(グミ科)
屋久島の1500m以上の日が当たる、湿地の周辺にあるグミの仲間
登山道から観察できる個体が少ないため、花を目にすることがほとんどない。
雌雄異株ではないかとの説もあるが、果実がつく株で観察したところ、雌しべが発達した花の数が非常に少ない。一つの株に、雄花もあり、雌しべがはっきりしている両性花、雌しべがほとんど目立たない両性花が混じっていた。
さらに観察が必要。

関連記事

  1. チケイラン

    「チケイラン」 やる気スイッチ入ってきた、植物の時間の古賀です。 今回は「…

  2. マメヅタラン

    2022/3/24 学名:Bulbophyllum…

  3. ミヤマムギラン

    2021/7/8ミヤマムギラン 学名: Bulbophyl…

  4. アオツリバナ

    2014年11月27日ヤクスギランドにて撮影…

  5. 忘れた頃に思い出す

    2020/5/291週間に1回の植物紹介の時間の古賀です。…

  6. ホンゴウソウ

    2020/8/4こんにちは、植物の時間の古賀です。…

  7. ジガバチソウ

    2022/5/7 学名:Liparis krame…

  8. いつもは隠れている美しさ

    縄文杉の隣に生きるヒメシャラ屋久島の山岳で数少ない落葉樹…

PAGE TOP