ヤクシマシャクナゲの開花始まる

屋久島の山岳部に自生する小ぶりなヤクシマシャクナゲ。

中間集落の神様が祀ってある七五岳(1488m)の頂上手前にあるヤクシマシャクナゲの開花が始まっていました。

屋久島の山岳部では大ぶりの花は少ないので、出くわすとその存在感と色気にハッとします。

ヤクシマシャクナゲは黒味岳や宮浦岳付近によく見られますが、七五岳より更に標高の高いそちらエリアの見頃は5月下旬から6月上旬です。

(2021.5.3 撮影)

関連記事

  1. オキナワチドリ

    こんにちは、屋久島フィルムの古賀です。春の屋久島、いろんな…

  2. ヤクシマトンボまたはアマミトンボ

    2021/5/14 今回はまだ分かっていないことが多いアマミトンボ…

  3. ニラバラン

    2021/4/29今回、紹介するのはニラバラン。 科名:O…

  4. ヤクシマシャクナゲと永田岳

    奥岳のシャクナゲが見頃となりました。ふうわりとしたピンクのグラデー…

  5. ヤクシマハシカグサ

    2021/9/5 和名:  ヤクシマハシカグサ 学名: …

  6. 森の妖精たち

    Yakushima film 笹川です。メンバーの古賀さんの投稿に触発され…

  7. ハマダイコン

    こんにちは、久しぶりの植物紹介の古賀です。3月になり、屋久島の里…

  8. 苔氷

    氷のショーケースのコケたち

    コケやシダの先端に滴る水が、氷柱になり、コケやシダは氷の中に閉じ込められる…

PAGE TOP