ヤクシマシャクナゲの開花始まる

屋久島の山岳部に自生する小ぶりなヤクシマシャクナゲ。

中間集落の神様が祀ってある七五岳(1488m)の頂上手前にあるヤクシマシャクナゲの開花が始まっていました。

屋久島の山岳部では大ぶりの花は少ないので、出くわすとその存在感と色気にハッとします。

ヤクシマシャクナゲは黒味岳や宮浦岳付近によく見られますが、七五岳より更に標高の高いそちらエリアの見頃は5月下旬から6月上旬です。

(2021.5.3 撮影)

関連記事

  1. ヒメナベワリ

    【屋久島図鑑】No.9この日は凄い雨で午前中だけでも100㎜を超え…

  2. 森の妖精たち

    Yakushima film 笹川です。メンバーの古賀さんの投稿に触発され…

  3. 奥岳の冬を生きる木

     今年の1月はキーンと冷え込んだ日がけっこう続き、冬らしい…

  4. うつくしきもの

    「うつくしきもの」1週間に1回の古賀です。最近どう…

  5. 島はシャクナゲの季節に

    一昨年、去年と裏年だったシャクナゲの開花。今年は多数の蕾を確認して…

  6. 記憶の継承

    5/22 11:33am1週間に1回、植物を紹介している古賀です。…

  7. イモネヤガラ

    2020/6/17植物紹介の時間。古賀です。6月、7月は紹…

  8. シダの世界へ

    2020/6/24緑色の根茎冬緑性植物紹介の時間。…

PAGE TOP