ヤクシマトンボまたはアマミトンボ

2021/5/14

今回はまだ分かっていないことが多いアマミトンボとヤクシマトンボ。
どちらも似ている植物で、形態や分布などはっきりしていない種です。
いまのところ言われている特徴が、ヤクシマトンボは側花弁の先は背萼片から離れて、唇弁に5本の大脈がある。アマミトンボは3本の脈があります。
今回、観察した個体は鮮明ではないものの5本の脈があるように見えます。
他の特徴からヤクシマトンボの可能性が高いですが、はっきりとは言えない状況。
個体数が少ないので観察も難しいのですが、今後、他の場所の個体の観察を続けると実態があきらかになってくると思います。
アマミトンボ(別名アマミトンボソウ)
学名: Platanthera pachyglossa Hayata var. amamiana (Ohwi) K.Inoue
ヤクシマトンボ(別名アマミトンボモドキ)
Platanthera anboensis Masam.

2021/5/20
2021/5/20

関連記事

  1. ヒロハヒノキゴケ(屋久島)

    渇きを潤せ!

    台風8号が過ぎ去り、暑さの戻った屋久島。3日続けての投稿ははじめて…

  2. クワイバカンアオイ

    2021/01/02こんにちは、今年も引き続き、植物の時間…

  3. 古木を飾る月

    島の高い山峰に向かえば向かうほど風は強くそして冷たくなっていきます…

  4. ニラバラン

    2021/4/29今回、紹介するのはニラバラン。 科名:O…

  5. モウセンゴケ

    2020/7/30こんにちは、植物の時間の古賀です。今回は…

  6. シダの世界へ

    2020/6/24緑色の根茎冬緑性植物紹介の時間。…

  7. ミドリムヨウラン

    ミドリムヨウラン科名: Orchidaceae(ラン科)学名: Lec…

  8. いつもは隠れている美しさ

    縄文杉の隣に生きるヒメシャラ屋久島の山岳で数少ない落葉樹…

PAGE TOP