ヤクシマノギク

2021/11/17
今回の個体
別の個体

ヤクシマノギク
学名:Aster yakushimensis (Kitam.) Soejima et Yahara
科名:Asteraceae(キク科)
昨年、場所は確認していたが、分類が難しいため再度確認してきました。
確認したところ以下の特徴にあっていたためヤクシマノギクとして紹介します。
ヤクシマノギクの特徴として、 総苞片が卵型で鋭頭、3-4列でうろこ状になる。
個体によって花の薄紫色の濃淡に差がある。
葉は鋭尖頭で基部はくさび型、大きく鋭い鋸歯。

関連記事

  1. ムラサキムカシヨモギ

    2021/10/9学名: Cyanthillium cin…

  2. 生気を失ってゆく葉に咲く花

  3. 雪に包まれてゆく杉の枯木

    Old cedar wrapped in snow…

  4. アセビの開花はじまる

    奥岳でまず1番に咲くアセビの開花が始まりました。夏に向けてこれから…

  5. ユウレイラン

    2020/6/172020/6/17ユウレイラン 科名: …

  6. ツルボ

    2021/10/1 学名: Barnardia japon…

  7. ヒメウマノミツバ

    ヒメウマノミツバ Apiaceae(セリ科) 学名: Sanic…

  8. 姫小岩鏡

    今年は、当たり年ですよ!ヒメコイワカガミの!あっ、笹川です。この間…

PAGE TOP