ヤクシマノギク

2021/11/17
今回の個体
別の個体

ヤクシマノギク
学名:Aster yakushimensis (Kitam.) Soejima et Yahara
科名:Asteraceae(キク科)
昨年、場所は確認していたが、分類が難しいため再度確認してきました。
確認したところ以下の特徴にあっていたためヤクシマノギクとして紹介します。
ヤクシマノギクの特徴として、 総苞片が卵型で鋭頭、3-4列でうろこ状になる。
個体によって花の薄紫色の濃淡に差がある。
葉は鋭尖頭で基部はくさび型、大きく鋭い鋸歯。

関連記事

  1. トサムラサキ

    2022/7/152022/12/19学名:Cal…

  2. ヒメカカラ

    2022/5/3 雄花2021/5/3 雌花 学名:Smi…

  3. ニラバラン

    2021/4/29今回、紹介するのはニラバラン。 科名:O…

  4. 忘れた頃に思い出す

    2020/5/291週間に1回の植物紹介の時間の古賀です。…

  5. いつもは隠れている美しさ

    縄文杉の隣に生きるヒメシャラ屋久島の山岳で数少ない落葉樹…

  6. ヤマヒハツ

    2022/6/20 雄花雌花学名:Antidesm…

  7. ヤクシマヤツシロラン

    2021/6/14ヤクシマヤツシロラン Gastrodia…

  8. ミドリムヨウラン

    ミドリムヨウラン科名: Orchidaceae(ラン科)学名: Lec…

PAGE TOP