ヤクシマミヤマウズラ

久しぶりの植物の時間、古賀です。

今回は「ヤクシマミヤマウズラ(Goodyera schlechtendaliana Rchb.f.var.yakushimensis Suetsugu&Hiros.HayaK)」と
「ミヤマウズラ(Goodyera schlechtendaliana Rchb.f.)」です。
2019年に末次先生らによって新変種としてヤクシマミヤマウズラが記載されました。
屋久島の麓の森から奥岳まで広範囲にあって白いきれいな花を咲かせて、毎年楽しませてくれるランです。

ヤクシマミヤマウズラの特徴としては、葉が細長い、側がく片や唇弁があまり湾曲しない、唇弁内部の毛が少ないといった
特徴があります。
屋久島の麓近くの森ではヤクシマミヤマウズラの方が多いようですので、見かけたら葉の形に注目してみてください。

ヤクシマミヤマウズラ
ヤクシマミヤマウズラの葉
ミヤマウズラ
ミヤマウズラの葉

関連記事

  1. トカラカンアオイ

    2021/11/27学名: Asarum toka…

  2. 木陰で一人たたずむ

    1週間に1回現れる古賀です。屋久島に生きる植物の記録シリーズ。前回…

  3. 雪に包まれてゆく杉の枯木

    Old cedar wrapped in snow…

  4. 春の雨

    春分をむかえ春の訪れを知らせるオオゴカヨウウレンも花の時期を終えよ…

  5. アセビの開花はじまる

    奥岳でまず1番に咲くアセビの開花が始まりました。夏に向けてこれから…

  6. フデリンドウ

    フデリンドウ Gentianaceae(リンドウ科) G…

  7. 姫小岩鏡

    今年は、当たり年ですよ!ヒメコイワカガミの!あっ、笹川です。この間…

  8. 島はシャクナゲの季節に

    一昨年、去年と裏年だったシャクナゲの開花。今年は多数の蕾を確認して…

PAGE TOP