ヤクシマヤツシロラン

2021/6/14

ヤクシマヤツシロラン
Gastrodia albida T. C. Hsu & C. M. Kuo
科名:Orchidaceae(ラン科)
以前から屋久島で存在はしられていたらしいヤツシロランで2018年に正式に日本新産地として報告されたもの。
6月に咲くということでありそうな場所を、yakushima filmメンバーの小西とガイド仲間のK氏と探しに行きました。1~3cmくらいの植物体で落ち葉の下に隠れているような状況。探すのはハイレベル。小西発見。
このような菌従栄養属植物の仲間は多種生きる屋久島の森の力に驚きました。
特徴は側がく片がほぼ融合しているところ、花筒が湾曲しているところ、三角形の白い唇弁をもつところ。
今回は咲き始めだったので次回は、もう少し花が開いた状態に出会いたい。

関連記事

  1. 苔氷

    氷のショーケースのコケたち

    コケやシダの先端に滴る水が、氷柱になり、コケやシダは氷の中に閉じ込められる…

  2. 石楠花に導かれて

    5月の終わりは、屋久島シャクナゲの季節だ。そして、屋久島がある九州南部梅雨…

  3. ヒロハヒノキゴケ(屋久島)

    渇きを潤せ!

    台風8号が過ぎ去り、暑さの戻った屋久島。3日続けての投稿ははじめて…

  4. オキナワチドリ

    こんにちは、屋久島フィルムの古賀です。春の屋久島、いろんな…

  5. 古木を飾る月

    島の高い山峰に向かえば向かうほど風は強くそして冷たくなっていきます…

  6. ニラバラン

    2021/4/29今回、紹介するのはニラバラン。 科名:O…

  7. 木陰で一人たたずむ

    1週間に1回現れる古賀です。屋久島に生きる植物の記録シリーズ。前回…

  8. 照葉樹林の木漏れ日で

    久しぶりの投稿。古賀です。写真家グループ「yakushim…

PAGE TOP