ヤマトヒバリ

【屋久島図鑑】No.4
寝る前にお茶を1杯と思い台所に立ったら、ヤマトヒバリのメスがテーブルの上をウロウロ。
これでもバッタ、そして成虫(おとな)です。
オスもメスと変わらぬ体格ですが、体の割に大きく奇麗な声で鳴きます。
”ヒバリ”の名に負けない良い声です。
屋久島では年に2回、7月と11月ごろ見られます。

トリミングしました。

家の中に入った虫たちは極力、生きて逃がします。
でも、虫たちには家の外も内も関係が無いかも知れません。
だって、彼らは家が建つ前からずっと暮らしていたのですから。

和名:ヤマトヒバリ
学名:Homoeoxipha obliterata
分類:バッタ目 ヒバリモドキ科 ヒバリモドキ亜科
撮影日:2020年7月2日
撮影場所:鹿児島県屋久島町長峰集落

関連記事

  1. マルスズメダイ

    ●幼魚ステージこの時期になると幼魚が現れはじめる。体長1.…

  2. こんにちは、象虫くん

    ヒラヤマナガメゾウムシ(屋久島にて) 我が家に訪れる珍客が日に日…

  3. 雨宿り

    2013/6/3最近は植物の写真ばかりアップしていたので、たまには…

  4. 草むらの命

    松田です。梅雨真っ盛りのなか雨の写真を撮りに行きたいのです…

  5. マムシ

    会いたかったけどなかなか会えないマムシ。蛇の眼差しはけっこう好きで…

  6. セイタカシギ(背高鷸)

    椨川集落の棚田に、水が入りはじめました。島の南部ではもう田植えが終…

  7. ミナミハコフグ 屋久島

    ミナミハコフグ

    幼魚の特徴である黒点模様は成魚になるにつれて崩れ形と色が変化してい…

  8. 森の子猿

    西部の森を探検していると、よく出会うのが猿と鹿。(ヤクザルとヤクシ…

PAGE TOP