ヤマトヒバリ

【屋久島図鑑】No.4
寝る前にお茶を1杯と思い台所に立ったら、ヤマトヒバリのメスがテーブルの上をウロウロ。
これでもバッタ、そして成虫(おとな)です。
オスもメスと変わらぬ体格ですが、体の割に大きく奇麗な声で鳴きます。
”ヒバリ”の名に負けない良い声です。
屋久島では年に2回、7月と11月ごろ見られます。

トリミングしました。

家の中に入った虫たちは極力、生きて逃がします。
でも、虫たちには家の外も内も関係が無いかも知れません。
だって、彼らは家が建つ前からずっと暮らしていたのですから。

和名:ヤマトヒバリ
学名:Homoeoxipha obliterata
分類:バッタ目 ヒバリモドキ科 ヒバリモドキ亜科
撮影日:2020年7月2日
撮影場所:鹿児島県屋久島町長峰集落

関連記事

  1. 奇跡のような日常

    みんなから2ヶ月ほど遅れてのはじめてとなる投稿です。…

  2. ヒレグロコショウダイ 幼魚 屋久島

    ヒレグロコショウダイ

    幼魚  体長約2cm2020年6月23日一湊にて撮影…

  3. ヤクシマナガゴミムシ

    【屋久島図鑑】No.5宮之浦岳から永田岳に向かうとき一度下って、…

  4. ホシススキベラ 幼魚 屋久島

    ホシススキベラ

    体長1.5cmほど2020年6月23日一湊にて撮影…

  5. 美声の主、コマドリ☆

    はじめまして。福留千穂です。このたび、yakushima …

  6. 草むらの命

    松田です。梅雨真っ盛りのなか雨の写真を撮りに行きたいのです…

  7. ヤクシマカクレエビ 屋久島

    ヤクシマカクレエビ

    アワサンゴの仲間であるAlveopora tizardiというサン…

  8. マルスズメダイ

    ●幼魚ステージこの時期になると幼魚が現れはじめる。体長1.…

PAGE TOP