ヤマハンショウズル

こんにちは、植物の時間の古賀です。
12月になり花はまだあるのか。あるのです。
道沿いの明るい林縁に目立つ白い花があれば、この花の可能性があります。
近づくとゴージャスな花でびっくりしますよ。
ヤマハンショウヅル(Clematis crassifolia Benth)キンポウゲ科 センニンソウ属

学名のClematisは、巻き上げを意味するギリシア語の「Klema」が語源となっているラテン語。
つる植物を意味している。

ヤマハンショウズルの特徴は数mになる蔓性の木本。葉は1回3出複葉で、小葉は楕円形で、革質。先は鋭く、全縁で光沢がある。
花は白色、萼片は4個、先は尖る。
全開して時には反り返り、内面と外面の縁に細かい白毛がある。
分布は九州(南部、屋久島、種子島)の山地の林縁です。

関連記事

  1. イモネヤガラ

    2020/6/17植物紹介の時間。古賀です。6月、7月は紹…

  2. 梅雨の中休み

    2020/6/13今回、紹介する植物は、「ギョクシンカ」Taren…

  3. ヤクシマミヤマウズラ

    久しぶりの植物の時間、古賀です。今回は「ヤクシマミヤマウズラ(Go…

  4. コハウチワカエデ

    コハウチワカエデ

    2018年11月2日淀川小屋付近にて撮影…

  5. 奥岳の冬を生きる木

     今年の1月はキーンと冷え込んだ日がけっこう続き、冬らしい…

  6. 花言葉「強健」

    グァバの花花言葉「強健」と聞いて、どんな植物を思い浮かべたでしょう…

  7. 香りの記憶

    月桃の花 相変わらずマイペース投稿の笹川です。最近、梅雨の終わりか…

  8. 永田岳に彩りをそえるミツバツツジ

    4月の下旬から咲き始めるヤクシマミツバツツジは今が見頃です。ヤクシ…

PAGE TOP