ヤマハンショウズル

こんにちは、植物の時間の古賀です。
12月になり花はまだあるのか。あるのです。
道沿いの明るい林縁に目立つ白い花があれば、この花の可能性があります。
近づくとゴージャスな花でびっくりしますよ。
ヤマハンショウヅル(Clematis crassifolia Benth)キンポウゲ科 センニンソウ属

学名のClematisは、巻き上げを意味するギリシア語の「Klema」が語源となっているラテン語。
つる植物を意味している。

ヤマハンショウズルの特徴は数mになる蔓性の木本。葉は1回3出複葉で、小葉は楕円形で、革質。先は鋭く、全縁で光沢がある。
花は白色、萼片は4個、先は尖る。
全開して時には反り返り、内面と外面の縁に細かい白毛がある。
分布は九州(南部、屋久島、種子島)の山地の林縁です。

関連記事

  1. ビロードボタンヅル

    2022/1/9 和名:  ビロードボタンヅル 学…

  2. 風神杉

  3. ヤクシマグミ

    2021/8/12022/6/9 両性花、雌しべがはっきりしている…

  4. コキンバイザサ

    2022/4/28 学名:Hypoxis aurea Lo…

  5. ヤクシマアセビが咲き乱れる奥岳

    ヤクシマアセビと栗生岳ヤクシマアセビの花ヤクシマアセビと宮…

  6. ハマサルトリイバラ

    2022/4/25雄花雄花雌花雌花…

  7. ヤクシマシャクナゲの開花始まる

    屋久島の山岳部に自生する小ぶりなヤクシマシャクナゲ。中間集落の神様…

  8. チケイラン

    「チケイラン」 やる気スイッチ入ってきた、植物の時間の古賀です。 今回は「…

PAGE TOP