ルイスオオゴミムシ

【屋久島図鑑】No.21
家の畑の土を耕しているときに出会いました。
今、畑はカタツムリだらけ、葉物野菜は無残な状況です。
カタツムリを食べるこの虫にとってここは楽園でしょう。

外国人の名前が入っています。
George Lewis(ジョージ・ルイス)はイギリス人でお茶の貿易で2度来日しました。
1度目のは1869年~1871年、2度目は1880年~1881年でした。
その際、日本の昆虫特に甲虫を研究しました。
その結果、多数の新種を見出しその一部に彼の名前が残りました。
ルイスと付く日本の甲虫は43種類あります。

彼の本業が虫であったかお茶であったか、私には分かりません。
ただ、今も昔も虫だけで食べていくことは難しいです。
現にあのファーブルでさえ困窮したと言われています。
実業を生業にしながら研究するスタイルこそ理想的と言えるかも知れません。

因みに、このルイスオオゴミムシにはヘンリー・ウォルター・ベイツ(Henry Walter Bates)と言うイギリス人も関わっています。
擬態や進化など生物学に多大な貢献をした人物でこの方の名前も昆虫の名前に見られます。

日本人は昆虫好きと言われますが、日本の昆虫学の黎明期に活躍した外国人いたことを虫の名前から知ってもらえたら嬉しいです。

和名:ルイスオオゴミムシ
学名:Trigonotoma lewisii
分類:甲虫目 オサムシ科 ゴモクムシ亜科
撮影日:2022‎年‎5月‎‎1日
発見場所:鹿児島県屋久島町小瀬田

関連記事

  1. フタオビミドリトラカミキリ

    【屋久島図鑑】No.1北海道から沖縄、そして小笠原まで見られる、いわ…

  2. ウミシダにひそむモンツキベラの幼魚

    写真いっぱいに広がるシダ植物のような容姿をしているのは、ウミシダと…

  3. 緑一色の森

    2013年8月6日に撮影した写真です。もうあれから7年も経つのかと…

  4. イソギンチャクモエビ 屋久島

    イソギンチャクモエビ

    イボハタゴイソギンチャクを棲み家にしているイソギンチャクモエビの赤…

  5. 雪の奥岳を歩く鹿

  6. オオヒシクイ

    オオヒシクイは国の天然記念物に指定され亜寒帯の針葉樹林(タイガ)で…

  7. ヤギヌマノセマルトラフカニグモ

    【屋久島図鑑】No.18令和4年(2022年)は寅年です。なので…

  8. Cybaeus yakushimensis

    【屋久島図鑑】No.11今回の写真は虫やクモが苦手な方には申し訳無…

PAGE TOP