上昇していく魚群

外敵から身を守るために普段は漁礁の隙間にひしめき合いながら身を寄せているクロホシイシモチとキンメモドキの群がゆっくりと浮上し、上昇を始めた。

その群れの塊から粉雪のように魚たちが舞い降りてきた。

School of fish rising

A group of Apogon notatus and Pigmy sweepers, which normally hide in the gap of the fishing reef to protect themselves from foreign enemies, slowly emerged and began to rise.

Fish came down from the mass of the flock like powder snow.

関連記事

  1. シマギンポに恋の季節到来

    屋久島のタイドプールにはさまざまなギンポたちが生息しています。ギン…

  2. バイオレットボクサーシュリンプ

    屋久島によくいるオトヒメエビ。写真は、その仲間であるバイオレットボ…

  3. スダレヤライシモチ 屋久島

    スダレヤライシモチ

    スダレヤライシモチの口内保育が始まっている。彼らはオスが卵をくわえ…

  4. コブシメ

  5. ツバメウオの群

  6. 海洋ゴミをすみかにするオオモンカエルアンコウ

    Commerson's frogfish that makes m…

  7. アマミスズメダイ

    体長2cmほど。2020年6月15日一湊にて撮影…

  8. 海を飛ぶアカウミガメ

    この季節、アカウミガメのオスがメスを求めてか海の中でウロウロしてい…

PAGE TOP