入道雲と黒味岳

こんにちは。今朝は、いい時間過ごせましたか?
今朝の屋久島は遠い台風の影響もあり、朝凪とはいきませんでした(笑) 
連日投稿の笹川です。

写真は、真夏の黒味岳(くろみだけ)〈標高1831メートル〉です。

この日、淀川登山口を出発した朝6時頃は、雲一つないお天気でした。
ところが、山頂へ向けて、標高を上げていくと、見る見るうちに雲が湧き出てきました。

そして、黒味岳が見える展望スポットから、山頂を見ると、背景は入道雲に。
山、雲、空ときれいに重なり、勝手に3色カラーの国旗をイメージしながら、カメラに収めました。

その後、山のお天気はどうなったかというと…

幸いにも気温がそれほど上昇しなかったせいか、その後、入道雲の勢いはなくなり、山頂から360度の大パノラマが眺められました。

この入道雲が勢いのままに大きくなれば、急な雷雨となることもあるので、朝から晴れていても安心できるものではありません。夏山は、お昼前後から雲に覆われることも多いので、登山のタイムスケジュールは早め早めに行動が吉ですね!

ちなみに、黒味岳の山頂は、背丈の高い草木はなく、露出した花崗岩になっているので、雷と遭遇するのは、避けたいところです。もちろん、森の中でもですが。

屋久島は、海岸部からすぐに急峻な山々が並んでいることもあり、晴れた日でも山岳エリアには、急に雲が湧きたつことも多いです。ぜひ山登りに行くときは、時に目まぐるしく動く雲たちをチェックしてみてください!

関連記事

  1. 七五岳

  2. 鳥居がなくなった石塚山の巨石

    不自然な金属製の鳥居がなくなったことでより一層神聖さをまし…

  3. 雪の障子岳

    寒波が入って一気に冬に逆戻りした屋久島です。淀川登山口へ向かう林道…

  4. 奥岳の月夜

    奥岳の夜に月が上がってきた雲のない日は放射冷却で一気に気…

  5. 覚悟の朝

    松田です。真冬のある日、翁岳から昇る朝日をとらえた一枚です…

  6. 新月の夜

    たまには夜の古賀です。久しぶりに夜の山をさまよってきました。…

  7. 山が不安定になるとき

    この日の天気予報は夜から雨の予報。山の天気は早めに崩れだすことが多…

  8. 天上天下唯我独尊

    仏教の開祖であるブッダは、生まれてすぐに七歩あるき「天上天下唯我独…

PAGE TOP