入道雲と黒味岳

こんにちは。今朝は、いい時間過ごせましたか?
今朝の屋久島は遠い台風の影響もあり、朝凪とはいきませんでした(笑) 
連日投稿の笹川です。

写真は、真夏の黒味岳(くろみだけ)〈標高1831メートル〉です。

この日、淀川登山口を出発した朝6時頃は、雲一つないお天気でした。
ところが、山頂へ向けて、標高を上げていくと、見る見るうちに雲が湧き出てきました。

そして、黒味岳が見える展望スポットから、山頂を見ると、背景は入道雲に。
山、雲、空ときれいに重なり、勝手に3色カラーの国旗をイメージしながら、カメラに収めました。

その後、山のお天気はどうなったかというと…

幸いにも気温がそれほど上昇しなかったせいか、その後、入道雲の勢いはなくなり、山頂から360度の大パノラマが眺められました。

この入道雲が勢いのままに大きくなれば、急な雷雨となることもあるので、朝から晴れていても安心できるものではありません。夏山は、お昼前後から雲に覆われることも多いので、登山のタイムスケジュールは早め早めに行動が吉ですね!

ちなみに、黒味岳の山頂は、背丈の高い草木はなく、露出した花崗岩になっているので、雷と遭遇するのは、避けたいところです。もちろん、森の中でもですが。

屋久島は、海岸部からすぐに急峻な山々が並んでいることもあり、晴れた日でも山岳エリアには、急に雲が湧きたつことも多いです。ぜひ山登りに行くときは、時に目まぐるしく動く雲たちをチェックしてみてください!

関連記事

  1. 5.18豪雨

    あらよ!松田です。今回紹介するのは令和元年5.18豪雨のと…

  2. 屋久島から見るロケット打ち上げ

    こんにちは松田です。先日2020年5月21日午前2時31分…

  3. 障子岳 屋久島

    障子岳と口永良部島

    障子尾根には12のピークを数えることができる。岩尾根の永…

  4. 闇ノ奥岳ニ光サス

  5. 天柱石とコウノトリ

    こんにちは松田です。『天柱石とコウノトリ』ロケットの写真連…

  6. 天使のはしご

    こんにちは、yakushima filmメンバーの古賀です。…

  7. 屋久島 山岳写真

    山に行こう!

    自然を切り開いて建造された不自然な都会に対して、言語化できない違和…

  8. 神々の世界

    「ハッシャゲニア」北米インディアンの言葉で “天からの贈り…

PAGE TOP