厳冬の黒潮へ

厳冬の屋久島を海から見たら、どんな風景だろうか?
いつも山にばかり入っていると、時々、そんなことを思う。

黒潮の流れる屋久島の冬の海。
遊漁船でしばらく沖へ出ると、雪化粧した太忠岳や石塚山が顔を出した。

朝日が雲の間から差し込み、屋久島の山々を照らし出す。

このまま沖へ出れば、奥岳は見えるのだろうか?
すると、山頂部が2つに割れた山。

間違いない、翁岳だ!

翁岳には、 塩土老翁(しおつちのおきな)と呼ばれる神が宿ると言われている。
この神様は、潮の満ち引きを司る力があるとされている。

太古の人間は、この屋久島の山々を目印に、大海原へ航海したのだろうか。
この風景を見て、どんな想いを抱いたのだろうか。

関連記事

  1. ホシススキベラ 幼魚 屋久島

    ホシススキベラ

    体長1.5cmほど2020年6月23日一湊にて撮影…

  2. マルスズメダイ

    ●幼魚ステージこの時期になると幼魚が現れはじめる。体長1.…

  3. Like a Rising Sun

    Yakushima is registered as a …

  4. ハナミノカサゴ

  5. ヒレグロコショウダイ 幼魚 屋久島

    ヒレグロコショウダイ

    幼魚  体長約2cm2020年6月23日一湊にて撮影…

  6. バラハタ 若魚 屋久島

    バラハタ

    若魚2020年6月15日一湊にて撮影…

  7. シマギンポに恋の季節到来

    屋久島のタイドプールにはさまざまなギンポたちが生息しています。ギン…

  8. サンゴひしめく七瀬の海

PAGE TOP