天上天下唯我独尊

仏教の開祖であるブッダは、生まれてすぐに七歩あるき「天上天下唯我独尊」と言ったそうです。

唯我独尊とは、「唯だ、我、独(ひとり)として尊し」という意味で、それは、他と比べて自分のほうが尊いという意味ではないそうです。天上天下において、誰とも代わることのできない人間として、しかも何一つ加える必要もなく、このいのちのままに尊いという、なんとも素敵な言葉です。人間以外のすべての動植物においても等しくそうであってほしいです。

中学生の時に、暴走族の特攻服にこの文字が刺繍されていたのを記憶してます。改めてあの時の怖かった先輩は、全てを悟っていたんだなあ。笑


山において、学歴や経歴、財産、これまで築きあげた地位は何の価値も見出しません。逆に、それらが邪魔して見えなかった裸の自分の内面に気づくことになります。

ぜぃぜぃ

はぁはぁ

衣食住をザックに詰め込み、裸一貫で一歩一歩。山歩きは「歩く瞑想」。不思議と下界での煩わしさは消えさり、心も体もどんどんクリアになっていく。そして、山頂に登り詰める頃には、もう喜びの感情しかなくなっている。山頂の世界が無垢の桃源郷のように思えてくる。

あぁ、生まれてきて本当よかった。

山は、何一つ加えられていない裸の自分を肯定し、尊ぶことができる悟りの場なのかもしれません。

関連記事

  1. 障子尾根をすりぬけてゆく雲

  2. 覚悟の朝

    松田です。真冬のある日、翁岳から昇る朝日をとらえた一枚です…

  3. 種子島から昇る朝日と明星岳

    はじめまして。Yakushima Film 6番目の男、笹川 健一です。…

  4. 流水不腐

    流水不腐 松田です。屋久島の沢はとにかく美しい。風景、空気…

  5. まだ見ぬ屋久島の山岳風景を求めて

    どこを見渡しても人工物が一切ない太古の山岳風景が残る屋久島…

  6. 石楠花に導かれて

    5月の終わりは、屋久島シャクナゲの季節だ。そして、屋久島がある九州南部梅雨…

  7. 新月の夜

    たまには夜の古賀です。久しぶりに夜の山をさまよってきました。…

  8. 靄(もや)

    靄(靄)出遅れてしまったのですが、なんなん(皆川直信)です。1枚目…

PAGE TOP