天上天下唯我独尊

仏教の開祖であるブッダは、生まれてすぐに七歩あるき「天上天下唯我独尊」と言ったそうです。

唯我独尊とは、「唯だ、我、独(ひとり)として尊し」という意味で、それは、他と比べて自分のほうが尊いという意味ではないそうです。天上天下において、誰とも代わることのできない人間として、しかも何一つ加える必要もなく、このいのちのままに尊いという、なんとも素敵な言葉です。人間以外のすべての動植物においても等しくそうであってほしいです。

中学生の時に、暴走族の特攻服にこの文字が刺繍されていたのを記憶してます。改めてあの時の怖かった先輩は、全てを悟っていたんだなあ。笑


山において、学歴や経歴、財産、これまで築きあげた地位は何の価値も見出しません。逆に、それらが邪魔して見えなかった裸の自分の内面に気づくことになります。

ぜぃぜぃ

はぁはぁ

衣食住をザックに詰め込み、裸一貫で一歩一歩。山歩きは「歩く瞑想」。不思議と下界での煩わしさは消えさり、心も体もどんどんクリアになっていく。そして、山頂に登り詰める頃には、もう喜びの感情しかなくなっている。山頂の世界が無垢の桃源郷のように思えてくる。

あぁ、生まれてきて本当よかった。

山は、何一つ加えられていない裸の自分を肯定し、尊ぶことができる悟りの場なのかもしれません。

関連記事

  1. 春の雨

    春分をむかえ春の訪れを知らせるオオゴカヨウウレンも花の時期を終えよ…

  2. 石楠花に導かれて

    5月の終わりは、屋久島シャクナゲの季節だ。そして、屋久島がある九州南部梅雨…

  3. 奥岳の月夜

    奥岳の夜に月が上がってきた雲のない日は放射冷却で一気に気…

  4. 屋久島 シャクナゲ 新緑

    新緑とシャクナゲ

    5月23〜26日で山に入ってきました。屋久島の里では新緑風景は落ち…

  5. 屋久島の秋さがし

    本州と違って屋久島の山岳の紅葉はとても地味です。着物に例えるのなら…

  6. 屋久島 山岳写真

    山に行こう!

    自然を切り開いて建造された不自然な都会に対して、言語化できない違和…

  7. 黒味岳からのぞむ七五岳

  8. 永田岳 屋久島

    山頂からの風景をひとめ見たくて

    ガイド山行で、夕陽待ちを永田岳でしていると、かっこいいカメラマンが…

PAGE TOP