姫小岩鏡

今年は、当たり年ですよ!
ヒメコイワカガミの!

あっ、笹川です。
この間のシャクナゲの投稿は、久々で、名乗るのを忘れていました(笑)

名乗り忘れた前回の投稿は、2020年リアルタイムのシャクナゲです。
投稿はこちらから「石楠花に導かれて」

イワカガミ=岩鏡っていうくらいなので、屋久島でも、花崗岩の岩場に張り付くように根を張り、5月から7月頃、花を咲かせます。鏡のように光沢がある葉が特徴であることから、岩”鏡”と名付けられたと言われている。

ヒメコイワカガミ

この日は、屋久島の標高1,800メートル付近まで登り、屋久島らしい花崗岩剥き出しの山頂で撮影をしました。あいにく風速が15m/s前後あって、ヒメコイワカガミは、常に花を激しく振っていました。

高山帯に咲く花たちは、どれも厳しい環境の中でも、何とか生き残ろうとしている。その姿には、感銘すら覚えます。

花は、2cm前後、葉は0.5-1cmほどで、本州にあるイワカガミと比べると、1cmほど小ぶりです。小さいという意味で、”ヒメ”が付き、さらに小さいという意味で、”コ”が付いている。それだけ屋久島のイワカガミは小さいということです。

イワカガミファンの皆さん、ぜひ屋久島のヒメコイワカガミを見に来てください!

関連記事

  1. イチヤクソウ

    2023/7/24学名:Pyrola ja…

  2. 春の雨

    春分をむかえ春の訪れを知らせるオオゴカヨウウレンも花の時期を終えよ…

  3. 香りの記憶

    月桃の花 相変わらずマイペース投稿の笹川です。最近、梅雨の終わりか…

  4. オオハンゲ

    2023/4/1学名:Pinellia t…

  5. シャクジョウソウ

    2022/7/5学名:Hypopitys mono…

  6. ハマダイコン

    こんにちは、久しぶりの植物紹介の古賀です。3月になり、屋久島の里…

  7. 風神杉

  8. いつもは隠れている美しさ

    縄文杉の隣に生きるヒメシャラ屋久島の山岳で数少ない落葉樹…

PAGE TOP