山頂からの風景をひとめ見たくて

永田岳 屋久島

ガイド山行で、夕陽待ちを永田岳でしていると、かっこいいカメラマンがいたので思わずパチリ。しばらくして会いに行ってみると

「今日は夕日がいい感じになりそうだったから写真撮りにきたよ」

と、嬉しそうに話してきたのは、メンバーの古賀でした。笑

ガイド業がオフでもフィールドに入り込んで楽しいことしてる仲間に出会うと何だかほっこりしちゃいます。

 

永田岳に行くには2日を要します。1日で駆け抜けてしまうガイドさんもいますが、奥岳の世界を心にしみ込ませながら登り詰めるには、やはり2日という時間を要します。

飛行機を使えば地球の裏まで1日でいけてしまう現代において、時間軸のみで屋久島をとらえたとき、僕にとってはとてつもなくでかい大陸的な存在です。その大陸の中心部には車で行ける道がないので歩いていくしかありません。それゆえ島の中心部の山岳エリアは里から見える山々(島では前岳とよびます)とは比べ物にならない奥深さと神聖さをかもしだしています。

縄文杉と宮之浦岳を繋ぐ縦走路から外れた永田岳は、さらに奥深い存在として鎮座しています。奥岳のさらに奥。奥座敷のさらに奥。そんな感覚です。

その聖域から夕日を眺める快感といったら。

古賀のニンマリ写真は撮り損ねたので、同伴していた旅人さんの笑顔をおすそ分けです。

永田岳までは本当大変でしんどいのに、何でこんなにも幸せになっちゃうんでしょうかね。

 

山を汗だくで歩いていると

誰しもができれば避けて遠ざけたいしんどさや苦しみの中にこそ

究極の幸せが内在しているような気がしてきます

関連記事

  1. 朝凪-Dawn in Anbo-

    朝凪 -Dawn in Anbo-

    朝凪の安房久しぶりの投稿です。ロケット以来かな。腕がこんがり小麦色…

  2. 天上天下唯我独尊

    仏教の開祖であるブッダは、生まれてすぐに七歩あるき「天上天下唯我独…

  3. 人による開発の跡地を彩るヤマザクラ

    毎年3月下旬から4月中旬にかけて標高500〜1000mの中山のヤマザクラが…

  4. 永田岳と夕照

    形容する言葉が見つかりません。そんな時、僕らの先祖…

  5. 秋の山肌

    一見、華やかそうに見えますが、オレンジ色に見える部分のほとんどは落…

  6. 黄金色に染まる奥岳の朝

    雪で一面、白くなった世界は、太陽が登ると黄金色に染まった。…

  7. 種子島から昇る朝日と明星岳

    はじめまして。Yakushima Film 6番目の男、笹川 健一です。…

  8. 天使のはしご

    こんにちは、yakushima filmメンバーの古賀です。…

PAGE TOP